TOEICと英検の違い

英語Terakoyaです。

大学最初の1週間を終えて、ますます余裕のない私ですが、英語情報もこれからはアップしていきますね。

TOEIC,TOEFL英検換算表なるものもあります。

しかしこれは簡単に換算できるものでもないですよね。

 

まず、英検。

語彙はアカデミックな内容です。

もちろん、各問題にかける時間というのを考えながら回答していきます。

入試などに、力を発揮するのは準1級からでしょう。

準1級はe-mailへの返信の英作文、1級は、複数のテーマから一つを選んで、A4用紙いっぱいのエッセイを書く、というのが入ってきます。


そして3級以上は2次面接も。
つまり、スピーキングを
見られます。


各級、時間が余って困る、ということはないですが、
受験問題のような感じで取り組むことができます。


内容的にも、アカデミックですので、
高校生1,2年の方に、英検かTOEICか、と相談された場合はまず英検の勉強をおすすめしています。

 

次にTOEIC.

今やビジネスマン必携。


日本でTOEIC専門スクールで教えていた時に聞いたことですが
(当然ですが、いろいろな企業の実情が耳に入ってきました)

某大企業の社長じきじき、今後を託す社員に、もちろん、スクールの費用も会社が負担するからいつまでに何点とれ、とお達しがあり、

幹部候補生の方々は会場受験されるわけですが、社長からの直接の命、ということで

当日は以上に緊張されて、普段の力が出せない、と。


確かにそれは聴いてる方も緊張しますよね。

でも、それだけ必要とされているには理由があります。

それはまたあした。

こちらものぞい見てみてくださいね 
  ↓↓↓

 Terakoya's community


にほんブログ村

TOEICと英検の違い” に対して1件のコメントがあります。

  1. BuzzSoku より:

    1. はじめまして!!面白ニュース配信のBuzzSokuです☆
    BLOG読みました!!とても参考になりました!!私のブログではTwitterなどで話題のネタをまとめた記事を作成してます!!よかれば遊びに来てくださいね☆ぜひ仲良くして下さい^^ BuzzSoku
    http://ameblo.jp/buzzsoku/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。