頑張れ!その時母は....

英語Terakoyaです。

次男の周りは、ほとんど指定校推薦できまっています。もしくは、この時期、AOや推薦入試を受けています。
一般入試をうける生徒はごくわずか。
息子の出願も、一般入試の時期にやっと終わります。
そんな中で、自分の目標に向かってモチベ~ションを維持し続けること、
とても大変だと思います。
もしかしたら、指定校出していたらすぐ決まったのに、
と思うこともあるかもしれません。
でも
自分の思いに素直に、
とても大変だけど、
最後まで走りきらないと、後悔するでしょう。
そんな状況の中、すこし、モチベ~ション低下してるな、
危機感がないな
と思い、喉まで出かかっていた言葉を抑えて抑えて見ていました。
自分でもまずいな、とわかっていても気持ちがそちらに向かわないこと、
だれだってありますよね?
そんな時に人からそれを指摘されたら、
どう出るかはわかりますよね?
それが親であればなおさらです。
そういう気持ちも考慮しながら、我慢してみていて、頃合いをみて、メッセージを送りました。
アメリカの大学への出願は、iBTやSATのスコアで最終的なしぼりこみになります。
学校の評定は出ているので。
上記テストを場合によって1月ギリギリまでうけることになるかもしれません。
なんたって、数少ないSAT受験の機会をこの前見事にのがしましたからねプンプン
大学によってはプラスのエッセイもあるので、その時期なって
あ、ここもいけそう!
と思っても、エッセイが間に合わない!
では泣くに泣けないのです。
だから、
今できることを早め早めにやっていくこと
そして、
スコアが高ければ、それだけ、大学からの奨学金の額がかわってくるわけですから
ー年間5、600万円もする学費を四人兄弟の一人に全額払うのは無理ですからにひひ
そっちもベストを尽くすこと
そんなことを伝えました。
得意を生かして、音楽でも奨学金をもらえるチャンスがあるなら
とそのために演奏を録音して送付する準備、練習も並行しています。
もちろん、人生、いつからだって、どこからだってやり直しはききます。
でも、
我が子には、自分のそういう失敗の経験から
しなくていい苦労はできるだけさせたくない、そして、後悔させたくない
と思うのです。
言葉は最小限に、
あとはみまもり
来月の録音のために、各大学の指定項目
☆指定されている曲目
☆指定されているファイル形式やCDなのかDVDなのか
☆演奏の長さ
などなどの細かいところを最終的に確認しないといけないので、
私はそういう、時間が取られる裏方作業に徹したいと思います。
自分を律し、頑張ったら
必ずその先には
必ず道が開けますアップアップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。