老いるということ

英語Terakoyaです。

今回の一時帰国では、親の"老い"ということに対峙せざるをえませんでした。

父が亡くなり、いまは一人暮らしの母。

見た目は元気ですが、老いるということは、こういうことなんだな、

と改めて思いました。

一人暮らしであるので、やはり自分の居場所、ルーティンなことが必要です。

知人の親御さんも、久々に会うと、めっきり年を取られていたり

それこそ、ひとが変わったようになることもあるとか。

人はいつか必ず老いていく

 

そして、体もだんだんにいうことをきかなくなり、判断力も気力も落ちていくでしょう。

 

そう思うと、自分が思うように動けるのは
本当に限りがあるのだ、ということを実感しました。

だからこそ、時間を大切に使わないといけないということ。

上海に戻ったら、もっともっと時間を大事に過ごしていこうと思います。

そしてやりたいと思うことはどんどんやっていこうと

そんな思いを強くした今回の一時帰国でもありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。