結婚25年の対話形式の感想を真似てみる?

英語Terakoyaです。

秋篠宮様ご夫妻の感想、素敵でしたよね。

 

そうなんです、私たちはその翌日に結婚式だったのです。

 

なのに、主人はそんなことはまったか覚えておらず汗

お二人の対話形式のご感想が素敵だったので、私たちもまねてみる?

と言ったのですが却下されました?

「今日で銀婚式やけど、付き合ったころからいうと30年やなあ~」

と主人。

本当に

でもそのうち3年間は遠距離恋愛、結婚してからも、私と子供は香港へ9か月後に行ったし、

香港から帰国後の単身赴任期間7年を考えると、

その30年の三分の一強は離れて暮らしてきたのです。

「子供たちも段々に自立、成長しつつあるなあ~」

「銀婚式の次は金婚式、って何年目?」

と調べると50年目。

時間の長さは同じ25年間だけど、その中身はまた違ったものになっていくでしょう。

とにかく子供中心で走ってきてこの25年。

之からは二人であるいていく25年になるでしょう。
(といっても末っ子が大学卒業までにはあと9年有りますが

くしくもこの日は、大学終了の日。

大学で新たな言語を学ぶ、というような考えもしなかった機会と、2度目の海外でエキサイティングな?毎日を送るという生活を与えてくれた

主人に感謝

二人でディナーを食べ終わる頃、主人が言った言葉が、ちょっとうまく聞き取れませんでした。

「え、なんて?」

と聞き返すと、

「いや、もうええよ」

と。

でもほぼ聞こえていましたよ 照れながら言うので、声が小さかったのです

私の子育てをねぎらい、たたえてくれるような言葉でした。

4人の子供たちは、みな、逞しく育って行ってくれていると思います。

でも、彼らはいずれ巣立つのです、巣立ってくれなくては困ります。

すでに長女で体験済みなのですが、うれしくもあり、やはりとても寂しいものです。

ずっとそばにいてくれるのはやはり主人です。

この先もずっと一緒に楽しく年を重ねていきたいと思います。

結婚25周年と、大学最終日が重なり、明日からまた新しい日々が始まる、そんな感傷に浸る1日でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。