未来へ

英語Terakoyaです。

11月に親族の結婚式で帰国するのですが、そのときに次男が頼まれてピアノを弾きます。

そのなかにkiroroの「未来へ」

があるのですが、いまそれを毎日練習しているのを聞いています。

毎日聞くのですが、おもわずジ~ンとしてしまいます。

「ほーら、足元を見てごらん、これがあなたの歩む道、ほーら、前を見てごらん、あれがあなたの未来」

「そんな私の手を握り一緒にあゆんできた」

私の脳裏には日本で暮らす長男長女が浮かぶわけです。

長女は来年から社会人。

長男はこの春から一人暮らしを始めました。

私たちがこちらに来ることによって、一人で早く歩き出したわけです。

社会人になってから今まで本当にたくさんのことがあり、苦しく悲しいこともいっぱいありました。

彼らだってそうでしょう。

歌の歌詞と違って、自分の進むべき道や未来が見えるわけではないと思います。

いっぱい悩んでいっぱい挫折してその結果、自分の進むべき道がやっと見えてくるのだと思います。

親としてはその部分を心配していろいろ思うのですが、

やはり苦しいことがいっぱいある分、楽しい事幸せなことがいっぱいあるのですから、

そう思って彼らの旅立ちを応援してやりたいと思います。

この前までは一緒に歩いてきたのですが、これからは自分で。。。

来月会うのが楽しみです。

いい大人の女、男になっていってほしいと思います。

お父さんもお母さんのまだまだあたらしいことに挑戦中だから、一緒に海の向こうでも頑張ってるから

二人とも、頑張ってね、応援しているよ~

と思い切り感傷に浸るのでした。

こちらものぞい見てみてくださいね
↓↓↓

 Terakoya's community

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。