心のそこからあったかくなったメッセージ

英語Terakoyaです。

いつものように塾に出かけた末っ子。

バスに乗っているであろう時間に

「火を使うときに、気を付けてね」

とメッセージ。???

「なんで?」

と返すと

「なんだか眠そうに見えたので、気を付けて、ってこと」

と。

ただいま運動会の練習で、しかもその日は外で4時間で、気持ち悪い、と帰ってきて

フルーツだけ食べて出かけたのです。

なのに、私の様子もちゃんと見ていて、そうやってメッセージを送ってくれるなんて

心のそこから暖かくなりました

「そういう気づかいできるとこ、素晴らしいよ、家族で一番!」

と返信。

こういう努力して身につくものではないものを持っている末っ子。

しょうしょ、お勉強が苦手でも、一番大事なものもっている、

それだけで素晴らしいわ!

 

と思う母でした。

あれもこれも望んではいけないですよね。

一番大事なものはなにか、

自分に常にといかけなくてはいけませんね。

子供のこととなると、ついつい親は欲張ってしまうので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。