夜の子供総合病院

英語Terakoyaです。

バスから降りてきた次女、とても頭が痛くて、ぼーっとしている模様。

なんでもマット運動で思いきり頭を、それも3度ほどうち、軽い脳震盪っぽくなったようです。

我慢して保健室にもいかなかったらしい。

「頭を内側からたたかれている痛さ」「頭を振ると頭の中身が揺れる感じで頭も動かせない」

と、心配性の私には聞き流せないようなことをいうので、念のために病院へ。

もう7時だったので日系クリニックは空いておらず、子供の総合病院を案内されて、タクシーでいきました。

タクシーもつかまらず、滴滴出行で仕方ないので5元プラスして。

浦西の子供の夜間救急はこの病院一つとのこと。

上海交通大学附属病院だけあってとてもきれいな病院。

診察をしてもらい、念のためにCTをとることに。

最初、結果が出るのに1時間と聞いていたのですが、なんとまさかの5分で(~_~;)

通訳の人いわく、

「案内してくれてる人ももうはやく帰りたいようで、検査技師の人にできるだけ早くといったみたいですから」

と。案内人、頭痛いといっているのにめっちゃ早くあるいて誘導するし💦

1階の受付や支払い窓口、診察室の前、いずれも長蛇の列。

「多いですよねぇ」

というと、

「まだ少ないです。いすも空いていますから。これが夜9時ぐらいになるともっと増えていっぱいになります。」

そしてめちゃくちゃにぎやか。日本の急診とは大違い。。。

 

異常はなく一安心。ゆっくり休みなさい、とのこと。

帰りは、ひっきりなしに、タクシーに乗って受診の人がくるので、タクシーにすぐ乗って帰れました。

すでに総合病院3院経験しています💦

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。