全く違う業界職種の人と話してみる

英語Terakoyaです。

主婦だと、世界がとても狭くなってしまうもの。

講師をしていたころは、生徒さんが、さまざまな業界のビジネスマンだったりしたので、

会話の中から、知らない世界を垣間見ることができました。

が、、、、

今上海では、本当に、社会とのパイプがないというか・・・・

そんな中、日本の友達とチャットして、まったく違う業界職種に触れました。

なぜか私の日本の友人は、病院関係多し。

幹部だったり、病院総務、病院受付、医療事務などなど。。。。

そんな中の一人の友人が

医療・介護の現場は慢性的な人手不足、海外人材の助けなしにはもう立ち行かなくなるのは見えている、

と言っていました。

インドネシアからの人材を、という動きも、あまりうまくいってないですよね。日本政府の設けている制約がありすぎて。

何年以内に日本語検定の何級かに合格しないと、国にかえらなければいけないとか。

これって、働かせてあげている、という目線からだから?

どちらかというと、彼らのヘルプなくしては成り立たなくなっているのだったら、助けにきてもらってるわけでは?

であれば、彼らに一方的にそういうことを要求するばかりではなく、日本人のほうでも、たとえば
基本的な英語を学ぶ、などのサポートを現場がするべきでは?

などなどと思うのです。

観光客だけでなく、労働力としての海外からの流入が増えていく、そして医療介護の現場は待ったなし・・・・

一方、中国人が旅行ついでに、日本で人間ドックを受けていくとか。

さらに、英語ではなく、マイナー言語での医療通訳が不足している、という問題も、外国人労働者の多い地域では特に深刻のようです。

日本の介護医療の現場の根本的改革、急務ですね。

 お知らせ
「転妻として子育てしながらも一人の女性としての生き方も求めているママの為のコミュニティー」をHPにしました。
よか
ったらののぞいてみてくださいね。⇒⇒こちらからどうぞ☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。