今回の水道凍結で思ったこと

英語Terakoyaです。

不動産屋さんによると、日曜日あたりは、お湯が出なくてシャワーを浴びれなかったというお客さんもたくさんおられます、

とのことでした。

うちは部屋の中は大丈夫なので、お湯もしっりでたのですが。

洗濯機が使えなく、手洗いして、色々駆使して何とか乾いた!

となると、じゃあ、これもあれもあらいだし、気が付いたら、

絞った時に手の皮がむけかかってた

何事もほどほどに、というのできないたちで

こういうことになり、母の話を思いだしました。

母は、10人の大所帯の父のことろへ嫁いできました。

当時まだ洗濯機もなく、下の川まで洗濯しにいっていた、とのこと。

4人でもこんなになるのに、10人分、毎日川まで行ってあらって、絞って干して!

ってどれだけの時間と労力がかかったことか

そう思うと、どれほど電化製品の存在で私たちの生活は便利になってきたか、というのを

今更ながら実感しました。

そんな洗濯してたら、毎日、生活することだけに日々がすぎていたでしょう。

今の生活は、電化製品のおかげでずいぶん時間ができているわけです。

ありがたいことです、時間を有効に使わなくては

と再認識する

良い機会になった、

と前向きにとらえることにします

でもこうして、タイピングしている指先が、手洗いしすぎ、絞りすぎで、痛い

ほどほどに、ということも覚えなければならない、と同時に反省

一1日経過ー
水曜朝から洗濯機使えました。
感謝ラブラブ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。