五年後、楽しみそれとも不安?

英語Terakoyaです。

主人と二人だけの夕食の時。

すでにお酒を飲んでいた主人ですが。。。

「5年後どうしてるやろな」

という話題に。

「○○(長男)、ちゃんと就職してやってるかな、とか△▽(長女)、結婚しないかなあ、◇◇(次女)、行く大学あるかな・・・・」

という私とは反対に、

「就職して5年もしたら海外勤務だってあるかもしれんし、★★(次男)も大学でて、そのまま海外で働いてるだろうし、

じゃあ、今年の夏は、どこそこで集合!とか、

家族で集まるようになるかも知れへんで。楽しみやなぁ~!」

と主人。

ここですね、この違い

私は常に、過去にああだったから、という思いがどこかに残っていて、心配をしてしまう、

そうではなくて、過去ではなく、今、そして未来にだけ目をやって、

いいことだけを想像していく、

そういう想像をしていれば、それを創造していく行動をおのずととるようになるでしょう。

それだけで気持ちも、そして本当に未来の絵模様も変わっていくように思えてきます。

五年後?もちろん楽しみ!

十年後?もっと楽しみ!

そう即答できるような自分になっていきたいと、思ったのでした。

子供が4人いればその楽しみも4倍です

とにかく、今年は、余計な心配をする癖を排除するよう心掛けたいと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。