中国語検定の本

英語Terakoyaです。

片付けをしていたら、長女の部屋から中国語検定3級の本が!

 

日本はこっちがポピュラーなのねえ。

 

しかし、CDの封も切られておらず、書き込みゼロの買っただけの状態あせるあせる

 

パラパラ見てCDもきいてみる。

 

うん、行けそうラブラブ

 

でも以前高級クラスの方がいっていましたが、

 

この一級というのはHSK6級とは比べ物にならないぐらい難しいとのこと。

 

あれは無理、と一番上のくらすの人たちがいっていました。

 

通訳ガイドの中国語科目の一次免除項目に中国語検定一級があるのですが

 

普通に一次試験の中国語のほうを受けた方がよっぼといい、ということです。

 

英語の場合、かつては英検一級のみが免除対象だったのに、ここで一気にハードル下げてきてTOEIC840ーだったと汗汗ーも免除項目にいれてきましたけどね。

 

英語の場合、TOEICで840とる方がよっぽど楽です。

 

でもオリンピックイヤーに向けてるなら中国語強化の方が必要と思うのですがね。

 

そのうち免除項目もかわるかな、どうかな?

 

まあ、私にはまだまだのはなしですが。

 

まだ5年ありますにひひ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。