世界とつながる

英語Terakoyaです。

長らく使っていなかったSNSで、香港時代のあまさんとまたまた連絡を取れました。

フィリピンはこのところひどい台風被害に何度も何度もあっていて、復興しかかってはまた被害、

の繰り返しで、香港でお金を貯めて、フィリピンで結婚して、スモールビジネスを始め

忙しくしていた彼女ですが、

被害の爪痕は大きく、また香港に行く、とのこと。

本当になんといえばいいのか言葉が見つかりません。

が、一つの希望は、

今度のエンプロイヤーは、末っ子の友達のお宅で、すごくいいご夫婦で、私たちの家にいた時から

彼らの事も知っているということです!

どんなエンプロイヤーであるかはとても大事。

逆にどんなあまさん(こちらはあいさんと呼ぶのですが)かも、エンプロイヤー側にとってはとても大事。

当たり外れが大きいのも確か。

私は大当たりで、本当はそれではいけないのかもしれないのですが、メイドというより、同志という感じでしたね。

本当に彼女には助けられました。

上海での就業が可能なら、本当、いまこそ我が家に来て手伝ってほしいところです

そして、その友人ともしばらく連絡をとってなくて、連絡先を聞いてもらって、送ってみました、

中国語でe-mailを!

さぞかしびっくりしたことでしょう。

間違いだらけだろうけどごめんね~、もしwe chatしてたら探してね~

色々書いて送りました。

すると探してくれました~

でもさすがにそれにメッセージを中国語で返すのには疲れてしまい、英語で返しました

時々老师になっておしゃべりしてね~、とかなんとか。。。。

迷惑なやつですよね、なんせ彼女はバリキャリウーマンです!

できる香港の女性!って感じです(台湾人ですが)そんな暇はありませんわ。

これは香港に行かない理由はありませんね。

かつての同志が香港に来たら、この二人には是非会いにいかねば。

ただ当時、そこの長男君と英語で遊んでいた末っ子は、まったく英語がしゃべれなくなっているので

残念ですが

かれはもちろん、英語、普通語、広東語は話しますし、たしかカナディアンインターに最初は行っていたのでフランス語も話すでしょうね。

うちは日本語モノリンガル

ま、そういう局面で英語の必要性をわが子が感じてくれたら良しとしましょう、ちゃんと教えていない私も悪いので。

こちらものぞい見てみてくださいね
↓↓↓

 Terakoya's community


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。