一人当たり2000人!?

英語Terakoyaです。

日本でも小児科医の不足が叫ばれて久しいですが、中国も同じようです。

テレビでやっていたのは

医師一人当たり2000人の小児

アメリカだと2000人の小児に対し医師3人、

と対比していました。

では日本はどうなのか調べてみました。

これは都道府県によって数に幅があるのですが、平均すると

医師一人当たり1500~2000人の小児

のようです。

中国は2人まで生めるように政策変換しましたが、小児科医の不足はますます進むのでしょうか?

日本も少子化に伴い上の現状ですが、心配ですね。

わがこたちはもう小児科でなく、内科でよい年齢になりましたが、今後、

などの時代を考えると、そういう現場の実情が改善されるのを願うばかりです。

日本は1500~2000人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。