アピタのデリバリー

英語Terakoyaです。

先日、トイレットペーパーとティッシュペーパー、そして肩には大きなショッピングバックをかけてバスに乗り込む日本人太太さんをお見かけして

思わず

「アピタでデリバリーしてくれますよ」

と声をかけたい衝動に駆られました。

最初は300元以上の買い物だったのですが、今はたしか200元でデリバリーしてくれると思いますよ。

うちは长宁区なので16時までに手続きすると、その日に配達してくれます。

ですから、今のように、野菜なども傷みにくい季節は、たとえば白菜とかだってデリバリーしてもらっちゃいます。

一応、お店のほうでは、傷むから、と言われるのですが、本人がいいといえばやってくれますよ~

ポテトチップの袋物などは、中身が割れるから、と言われますが、全部

没关系!

段ボールの中の包装も丁寧にしてくれてるので、不具合はなしです。

ただ、トイレットペーパーは箱のサイズに合わないことがほとんどなので、分解されて入っていますが

お米、液体ものなどの重い物、トイレットペーパーのようにかさばるもの、本当楽ちんです。

うちに来てくれるおっちゃんは、とっても明るいオッチャンです!

子供がピアノを弾いているときに来たときは、ピアノを褒めて帰ってくれました

レジで、持ち帰るものと(生鮮食品)と、デリバリーのかごに分けておいて

こっちはデリバリー!

と言えば簡単ですね!

でそのあと、レシートを持ってデリバリーカウンター(でもここはいつも人がいない)か、

会員カードの申し込みするカウンターに持っていけば、手続きしてくれますよ~

何件か「アピタ デリバリー」の検索ワードがあったのでご参考までに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。