やはり資格はすごい!

英語Terakoyaです。

大学生の方と話したときのこと。

 

将来設計を考えたら、育休をとって

復職ということ、そんなにうまくいかないと思う。

まだ1歳ぐらいの子を保育園に預けて

働くとか嫌だし。。。

であれば再就職のことを考えて

とれるべき資格は今から準備して

とっておいたほうがいいと思う、と。

 

次は私の友人の話。

 

彼女は放送業界で働いていたのですが

福祉関係の国家資格をとって

福祉業界に転職。

いまは某病院の管理職にまでなり、

そういう分野の学会で世界から

集まる場で、司会兼プレゼンターもしたりと、

活躍しています。

 

そして先日。

採用条件は30~40代の経験ある方、

ということで、あと3週間でフィフティーズという知人も

仕事をゲット!

資格に経験があれば、フィフティーズに届きそうでも

チャンスはある!

 

かく言う私も、

結婚で退職したあと、通信講座で

貿易事務を勉強し、結婚で関東に引越しして

貿易事務で求職した時も、

通信で勉強しました、と言って、

めーるなどかかされるような試験を受けて

貿易事務に数社すぐに採用をいただきました。

 

そしてなが~い専業主婦のあとの再就職では

そのあいだに勉強してとった

資格の数々を履歴書に書いて、

なんとか仕事につくことができました。

簡単ではなかったですが 

年齢がいってましたからね・・・・ 

結婚、妊娠、出産などで

自分中心に生活をすすめていけない女性には

資格は強い味方になってくれます!

 

資格=経験はないけど、その仕事をこなす

知識があります、ということだから。

 

あとは本人の熱意でしょうね。

 

今の時代、共働き前提の結婚とか。

であれば、それなりに、

自分の結婚後のスタイルを考えて

必要な準備を早めに、

まだ時間のある大学生のうちから

しておくことは懸命でしょうね。

 

私は、なんも考えず、テニスばっかり

朝から晩までしてるような大学生でした

もっと先を見越して行動をしていれば

また今は違ったかもしれませんが、

いいんです!

あの時は、テニスに青春かけてたので

それも学生時代にしかできないことですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。