やはり深いのか???

英語Terkaoyaです。

相変わらず内容にことかかない听力のテキスト。

折しも、ちょうど二男と大学での専攻について話していた時、同じような流れになり。。。。

テキストでは

子供が「哲学をやりたい!」と言います。

人の事が理解できるし、世界や自分の事も知ることができる、と。

でも母は、

「哲学や歴史専攻の学生に就職は年々難しくなると聞いてるわ、賢い子たちがいま勉強しているのはITや経済よ!」

と母。

すると、息子、

「僕には僕の考えがある。ママにはママの考えがる。もう僕は子供じゃない18歳だ。もう僕は自分が何をすべきか知っている」

と言います。

う~ん、自分の理想を貫こうとする息子と、現実を見る母。

まるで今の次男と私です。

彼の場合は、二つ専攻を取ろうとしていて、音楽は決まっているようですが、

もう一つの(私に言わせると仕事につながるほう)をまだ迷っているところ。

それを次男に言うと、

「それは、やはりなかなか深いんちゃう?」

「深いかどうかは別として、現実に即したことだから、めっちゃ印象に残るし、言い回しとかも使えそうなものがたくさんある!」

と私。

実はこのテキスト、かなり私向きなのか?

もちろん、前回出てきたママのように私は家出をしたりしませんが

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。