なんてキラキラなはなむけの言葉でしょう💖🎁

英語Terakoyaです。

今回の準備期間、約2年ぶりに、
次男が中一から高二の夏まで通った学校で

4年間担任をしてくださった先生にお会いしに行きました。

とにかく、親の私より、よっぽど彼のことを
奥深くまで見抜いて理解してくださっていて

私も大好きな先生なのです。

放課後、学校にお邪魔したのですが、

下校途中の在校生とすれ違うと、当時の次男の姿を思い出し、

そして。学校までの道を歩くこと自体が懐かしくて懐かしくて。

ここでの四年と4カ月、勉学以外に、大切な友人を得て、素晴らしい先生方に精神的にも導いていただき、

とても成長し、充実した時間を送ることができ、

次男は今でもこの学校を愛してやみません💞

先生と喋ること、2時間😵

中学の面談の頃から

〜この子、20歳の頃になにしてるんやろ、日本にいてへんやろなあ、と思ってます~

と、まだかれがアメリカの大学行きたい、という前からおっしゃっていました。

そんなところの話から、今日に至るまでのいろいろ。

そして、

-やはり学生は勉強が本業ですから、音楽の好きな彼にあわせた、しおりをー
と、ゴールドの音符の形の素敵なものを
プレゼントにいただきました。

そして、その日、メールをいただき、はなむけの言葉もいただきました。

"これから嬉しいこと、悲しいこと、いろんなことが起きるはずです。
どんな時も忘れないでいてほしいのは、私たちは幸せになるために生まれてきたということ。
大きな心で朗らかに、まっすぐに進んでいってください。
話を聞くことしかできませんが、何かあれば私も思い出してくれると嬉しいです。"✨✨✨✨😭

10年後成長して彼と話すのを楽しみにしています、と。

こんな素晴らしい先生にお会いでき、4年間も見守っていただいた彼は本当に幸せ者です。

本当にありがとうございました。

なんとも言えない満たされた気持ちで、学校を後にした、
感謝の気持ちにあふれた夕方でした
💫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。