それでも夜は・・・

あなたの未来を拓く
奈良 英語Terakoya橿原・生駒の英語資格~TOEIC,TOEFL,
GTEC,英検~指導講師、
です

先日、久々に、そうです、その前いつ自分のための映画を見たか覚えていないぐらい、しばらくぶりに
映画をみました。

昔「ルーツ」という黒人奴隷問題を取り上げたドラマがとても注目されました。

ちょっとしらべてみるとなんと37年前。

私はとてもそれに衝撃を受け、それから気が付けば、大学では南北戦争を卒論テーマに選んでいました。

そして映画「それでも夜は明ける」を目にし、ひさびさにそのテーマのものを目にしました。

アカデミー賞の作品賞をはじめ、さまざまな映画賞を受賞しているということで、観たい!と思い、しっかりレディースデイに行ったわけです。

う~ん、また「ルーツ」とは違いましたね。

「それでも夜は明けるには」明暗二つの意味があるでしょう。。。。

希望を持ち続ければかならず叶う時が来る・・・

もう終わってほしい人生、だけどまた太陽は登り、その日々を生きなくてはならない・・・

目を背けたくなるような、息がつまってしまうようなシーンが必要以上に長く目の前に続く。。。

もちろんそこには監督スティーブ・マックいーんの意図を見て取ったわけですが、

重かったですね、涙もでないくらい。

でもそれは奴隷制度という異常な状況の下の話。

今の私たちの生きている空間では
「必ず夜は明けて、不安や苦悩がなくなる朝がくる」

と思っていいのです。

何より私たちは自由です。

でも、自由というのは、何をどのようにして過ごすかは本人の意志にゆだねられます。

”自由”であることを最大限に活かした生き方をしなければ、と思わせてくれました。

でも重かった。。。

ちなみに、大学の時は体育会でしたので、必修授業は練習を抜けて、ぎりぎり駆け込んでいました。

ジャージで、時にはスコートのまま

当然一番前しか空いてないので、出席の返事だけしたら爆睡しているので、教授に

「君はいつも大変そうだねえ」

と言われる始末。

そんな状態ですから、教授の専門分野が南北戦争ともしらずに、卒論を選んでしまい、

教授も、また君か、まあ、仕方ない、と言わんばかりに、あきれるのをとおりこしたのか

「君は、もうこの2冊の洋書を訳したらよろしい」

と分厚い洋書2冊を指定しくださり、無事卒業できました。

でもあの日々、あれだけの英語をよまなければならなかったのは、今の下地になっているのは確かだと思います。

教授に感謝

受験、進級、就活、再就職、昇進のために、英語資格をとって自ら可能性を広げませんか?
無料体験レッスン随時受付中

    ↓↓↓
お問い合わせはこちらからどうぞ
お電話の方は090-9984-7688(谷)までお願いいたします。

TOEIC3か月目標達成保証コースはこちらから
英検合格講座はこちらから
TOEFL講座はこちらから
TOEICスコアアップ講座はこちらから
●40代からの洋書を味わいながら英語力アップ講座

skypeコースはこちらから

プロフィールはこちらから 
生徒様の声はこちらから
実績

 

それでも夜は・・・” に対して1件のコメントがあります。

  1. セミリタイヤー・ネット起業家のトシの呟き より:

    1. 初めまして、偶然記事読ませてもらいました(^^)ネット起業家のトシといいます♬
    お邪魔します☆ブログ読ませていただきにきました~☆ 素敵な記事を書かれてるんですね☆これからも更新がんばってくださいね!!また時間が作れたらお邪魔させてもらいます☆良かったらボクのブログも見に来てくださいね!!仲良くしましょう☆
    http://ameblo.jp/toshi-ys/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。