きらいもきらい、すきのうち

英語Terakoyaです。

子供と話していて凄いなぁ~、と思うことがあります。

特に末っ子。

先生の好き嫌い、誰でもありますよね。

で嫌いとなったら大嫌い(~_~;)

ところが、時間がたつと、

「最近、嫌いすぎてすきになった!」
といいだします。

何度かあります。

そのメカニズムは私には理解できませんが、

先生は選べないもの。少なくとも1年はつきあわねばなりません。

最初は嫌なとこが目につくのでしょうが、かかわっているうちに
きっと
いいとこにも気づいていくのではないかなあ、

と勝手に解釈しています。

これは子供ゆえの柔軟性でしょうか?
でも

こんなことを上のこたちはいってはいませんでしたからね。

上の子たちにもまれてきた分、対人関係で、

それが友達でも先生でも、柔軟にできるのか?

 

これは考えようによっては、とても大事な才能だといえますね。

私も見習わねば

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。