○○さんの店にしようか!?

英語Terakoyaです。

最近アピタのお店も行きつくした感のある我が家。

スマホの不具合を見てほしいと二男が言うので、威宁路方面にいくことに。

「じゃ、○○さんの店にしようか!?」

と主人と私。

別に知り合いが経営しているお店ではありません

そこで料理を時々運んできてくれるおじさんが、以前主人が香港で一緒に働いていたかたにとても似ているのです。

大体、人が入っているかどうかで、フラッっと入ってしまう我が家。

当然、お店の名前とか憶えてないんですよね。

場所さえ覚えておけば次回来れますし。

もう何度か来たのですがいまだにこのお店の名前覚えてなくて

だからいつの間にか

○○さんのお店、

ということになっています。

ビンゴ広場にあるのですが、港式のおいしいお店です

ついでに交通カードもチャージです見てみてくださいね
↓↓↓

 Terakoya's community


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。