なんと初めて夢で中国語をしゃべっていた自分

英語Terakoyaです。

テスト前で、口語の表演の準備で暗記をしなければなりません。

まだまだ会話、思うようにできないので本当大変です。

昨日、初めて夢で、一生懸命考えながら中国語を話している夢を見ました。

おそらく、寝ていても、脳は働いて一生懸命中国語を組み立てていたように思います。

ま、うなされていたといったほうがいいかもですね。

でも聞いて知っている、のと

知っていて使える、のは

全くステージが違う事なんです。

だから知っていて使えるようにするためには、やはりそこは暗唱が大事。

テストでもなければ暗唱なんて誰も好き好んでやりませんから、

話せるようになるための第一歩としても

テストが課されることをありがたく受け止めれる自分になりたいものですが、

なかなかそこまでは

でも、企業の研修生の方のように、いつまでにHSKの何級を取れ、とか一切ノルマはないわけですから

自分の出来る範囲でがんばればいいのよ~

と自分をなぐさめ?はげましています

しかし、よくよく考えると、その夢、今年初めて記憶に残る夢、ということは初夢???

ああ、これをどう受け止めるべきなのか。。。こちらものぞい見てみてくださいね
↓↓↓

 Terakoya's community


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。