TOEIC 特化スクールへ

英語Terakoyaです。

今日は、私を英語講師として初めて採用してくださったTOEIC 特化スクールへ、渡航前のご挨拶へ。

18年にわたる専業主婦時代を経て、平城遷都1300年祭の平城見宮跡会場で英語アテンダントとして社会復帰しました。

そのあと英語講師として転職活動をしたわけですが、いくら英検1級、TOEIC970を持っていても
経験がない、というのは、そして年齢的にも厳しく

とりあえず書類選考は通るのですが、

いきなり面接の現場で、今から何分取りますから、この教材を使ったデモレッスンを考えてください、とその場でいきなりデモレッスンをさせられるのです・・・

できるはずないですよ、経験ないのだから。

これで撃沈。

もうあきらめかけた、それこそ

「もうここがだめなら最後にしよう」

と思って応募したのがこちらのスクール。

こちらのマネージャーさんが、実に男前な方で、

「すでにものすごい人が応募してきていて、webでの募集は取り消したほどです。

この道何十年という人もやまのように応募してきています。

でも、経験が長いだけの人はいりません。

その人にしか提供できないレッスンができる人が欲しいのです。」

このマネージャーさん、私のレジュメの

「子育て中も、朝3,4時におきて、英語の勉強を続けて資格を取ってきました」

というところに着目してくださったようでした。

「あなたは謙遜しているけど、普通できませんよ!

4人のお子さんを単身赴任の中育てながら、そういうこと。

経験なんて、たとえ1か月でも教えてしまえば、経験なんです。

あなたにはあなたにしかできないレッスンをがあるし、それをやってほしいのです。」

とおっしゃっていただいたこと今でも忘れません。

長くなりましたので、また後程、、、、

思い出して、つい熱くなってしまいました

3年間かよった堺筋本町界隈。

{BA569042-FDD8-4840-BD7C-B2EA53E7012F:01}


久々に来ると懐かしいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。