Ctripでエアライン予約変更

英語Terakoyaです。

7月、日本よりもう少し早く戻って、次男と数日家族でこちらで過ごせたらいいな、と思い

当初日本でアメリカに旅立つのを送る予定にしていたチケットを変更。

Ctripへ電話。

予約変更に内容を告げたのですが、しばらくして

「エアライン担当(もう少し違う言い方をしていたけど)からあとで変更料金などについて電話がいきます」

と言われ、電話を切って待つ。

すると、いきなり英語でびゃ~と説明。

なんだそこから英語に切り替わるのか、で、この人たぶんエアラインの人っぽい。

「変更手数料300ドルかかります。カードコミッション3%かかります。今ここで払ってください・」

えっ??

電話でどうやって払うの?ときくと

「支払い用の案内電話に切り替わるのでそれで入力してください」

しばらくまつと、ネイティブの陽気なおじさんのレコーディングボイスで誘導。

なんだかこんな形で決済したことなかったのでドキドキ。。。

でもちゃんとすぐに送られてきた確認メールでちゃんと決済されていました。

以前、エアライン会社に直接変更電話を入れたときは、当日チェックインカウンターで変更手数料は払ってください、

と言われたのですが、Ctripを通しているからか、このような流れとなりました。

航空券差額分がなかったので変更手数料だけですみました(^_-)-☆

 

しかし、相変わらずエアラインサイトからチケットを購入しようとすると、銀行カードがはじかれるんですよねえ、また銀行窓口に行かねば、と思っているまま日は過ぎて。。。

 

でもCtripで銀行カード使うと決済できるから、ま、いいか、と。

引っ越しして落ち着いたら、時間た~っぷりある日に銀行行こうと思います。だってどれだけ待たされるかわからないから( ̄▽ ̄)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。