追悼

英語Terakoyaです。

 

昨晩、かつて子供同士が同じピアノ教室に通ってた友人から突然電話。コロナで 帰国後も 会えていなかったので、何事か、と驚いたのですが。

ピアノの先生が亡くなった、との知らせに絶句…

わたしと年齢もおそらく変わらない先生なだけに、そして最後にお会いしたときの7年ほど前の姿しか覚えてないだけに…

時間とともにいろんな思いがこみ上げて来て。

子供四人、みんな3歳からピアノを始めました。浜松、岡山、香港、奈良、上海と転勤するなか、いろんな先生に教わって来ました。

七人かな。

中には、子供相手に、明らかに感情を出して怒る先生もいました。小さい子ですよ、眠いときもあれば、やりたくないときもある。そういう先生の元では 長くお世話になりませんでしたが。

そんな中、この先生だけは、絶対におこることはなく、声を荒げることもなく
ただただ根気よく教えてくださいました。

眠い時などは、こちらがイライラして怒りたくなるほど 失礼な態度のことも時にあったのですが そんなときも決して。

先生にお世話になったのは下の二人だけですが(うえ二人は引退笑)、二人とも一度もやめる、なんて言ったことはありませんでした。

先生には、本当にたくさんのことを教えていただき、経験させていただきました。

コンクールへの出場を勧めてくださったのもこの先生。それまでは、発表会のみの普通のピアノ生活でしたし、コンクールなんて考えたこともなかった。

だけど、先生はコンクールへ参加すること自体がとても良い経験になるから、と勧めてくれて、結果定期的に参加することになりました。

一つの目標を設定して、それに向けてコツコツと毎日地道に積み上げてる姿勢

そしてコンクール当日の極度の緊張感の中で、一人舞台で弾ききる度胸・勇気
(わたしなんて、子供が小さい時は、一緒に舞台に出て、足台をセットして 椅子の高さを調節するだけで心臓ばくばくでしたから)

結果発表で、よければ、飛び上がるほど嬉しくて、それが次への確実な自信に繋がり
よくなければ、飛び上がって喜ぶ他の参加者のいるところをすぐに離れ、地面の中に沈んでしまいそうなほど落ち込み、涙を流し、「もうコンクールなんて出ない!」と捨て鉢になる、そんな

つまり、どちらもコンクールに参加しなければ体験できないような感情を味わうことができました。

でも不思議と、ダメでも、「次こそは」って子供はなります。小学生の子が、大きなホールで 一人舞台に出て ただ番号を呼ばれて、拍手も何もない、異常な緊張感の張り詰める空気のなか 弾ききるのは並大抵のことではないと思います。結果なんて二の次で、その雄姿だけで素晴らしい!

そこへ至る過程はやはり大変で、コンクールが近づくと、先生は普段のレッスンの他にも「もう少しこれませんか?ちょっとでも」とおっしゃって、

日中はレッスンがびっしりなのでその日のレッスンの生徒さんの後に、本当夜10時とかにレッスンをしてくださったり、

「当日は、一回でも弾いて 本番に臨んだ方がいい」
と言われて、朝早く家を出なければいけない時は(兵庫、大阪、京都、名古屋までも行きました)自宅ではとても弾けない時間帯になります。

朝一に向かわないと間に合わない会場や時間の時だと

「じゃあ、5時はどうですか?」

ご、5時!!!わたしは余裕で起きていますが、5時に行くということは子供を4時には起こして支度させて、と考えると、それはとても無理で
「5時半でもいいですか?」
とこちらが聞くほどでした。もちろん、数回弾いたらもう向かわなければならなかったのですが、うちの後には他の生徒さんがすでに待機!

なのに、先生、神業のように、本番で子供の番が来る前には 必ず会場に来てくださっていました。ワープしたの?ともうほど。もう、先生が見てくれているだけで子供は安心したのではないかと思います。

ピアノを教えることが天職の先生だったと思います。どんどん生徒さんも増えられて。

次男は ”共感覚”を持っていることを 先生に教えられたそうです。彼は あるコンクールで入賞して、高1の時にドイツの音楽学校に2週間 ピアノ留学までする機会をいただくことができました。最後はドイツの市民ホールで日独の共演をしました。
翌年はそのメンバーがドイツからきてくれて、大阪で共演しました。
普通ではできない貴重な経験でした。

ドイツでの教え方も、やはり違って、その経験で、自分のピアノがとても変わった、というほど素晴らしい経験となりました。それも、先生が”コンクール”という世界に誘ってくれたからです。

ピアノが子供たちの世界を豊かにしてくれたことは まぎれもありません。

先生の忍耐強い、優しい指導があったからこそです。いくら感謝を述べても足りないほどなのです。

末っ子は「大学落ち着いたら、また先生のとこへ行こうかな」と言っていましたし、次男も 落ち着いたら 同じく習いに行きたいな、などと言っていたので、夏になったら 行こうかと思っていた矢先でした。

その友人もここ数年、お子さんは大学のピアノ科に通われているので 教室には通っていなくて会えていなかったようです。
「そういえば、最後に話したときに、○くん(息子)のFBを時々見てる、って言われてたよ。」
と言われました。

大学での演奏会の動画などをアップしていて、それを見て先生がコメントをくださったことがありました。喜んでくださってたなあ〜

子供たちにそれを話したら、二人とも絶句していました。

お線香だけでもあげに 伺いたいと思います。

患われてからもレッスンは続けられていたそうです。

先生がいなくなっても、先生が教えてこられた音楽が、多くの生徒さんに伝えられて残っている そんなふうに考えると 先生がいかに大きなことを されて来たのか、と改めて思いますし、ただただ感謝しかありません。

ご冥福をお祈りします。そして本当にありがとうございました。
まだまだ心が淀めいてしまったままです…

 

 


←英語資格のオンラインレッスン始めました

 

 

 

←おすすめのオンライン予備校を紹介しています

 

 

お役立ち情報、ブログには書かないこと等々、無料メルマガ発信しています!
「なになに?」と思った方、下のボタンから登録してくださいね

 

 

2週間ごとに開催のオンラインコミュニティへのご参加もお待ちしています。心が軽やかになる空間ですよ

 

 

次回開催予定です。

Terakoya コミュニティ 第49回

日時:6月18日 14:00-15:30(Japan Time) 

場所:オンラインで開催(ZOOMでやります)

*Terakoyaコミュニティについてはこちら

*申し込み締め切り 当日正午(6月18日12時)

じゃ、参加してみようかな、という方は、こちらからお願いします。→🍀🍀🍀

*第1回の様子・感想はこちらから

*第2回の様子・感想はこちらから

<参加手順>とても簡単!

1. ZOOMをダウンロード!

2. 開始5分ほど前にリンクをお送りしますので、そちらをクリックして入室ください。

3. 途中入退場自由です。

何か質問や、日時をこうして欲しいなどのご要望などがありましたら、お気軽にお問い合わせくださいね

 


ランキングに参加しています。クリックしていただけるととても嬉しいです
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

感慨深い一日

英語Terakoyaです。

 

もう直ぐテストの末っ子。

1年前から通っているピアノの先生の発表会は、6、12月で、どちらも見事に定期テストと日程が 被ります

なので去年は参加せず、今年は日程がずれていることを祈っていましたが、やはり被ってた・・・

折角やってるのに、そんな機会もなく、というのも残念だし、来年は無理だし、もうこれが最後の発表会になるしね、

と参加することに。テスト直前ですが。

 

小学生までは、毎年数回定期的にコンクールにも参加。

発表会は、コンクールと比べたら、比べ物にならないぐらい、気持ちは楽に参加できます。

コンクールは、一種独特の雰囲気。

番号を呼ばれる→拍手なくお辞儀をして弾く→拍手なくお辞儀をして退場→次の番号が呼ばれる→だいぶ待った後結果発表

こんな感じです。

まだ補助ペダルの設定や、椅子の設定などが必要であったときは、私も舞台に出ねばならず、それだけでも緊張したものです。

それに比べると、発表会は自分の時間の前に行って、弾いて帰る、ですから。

 

しかし、今回は大トリの大役をいただき、しかも参加者のほとんどは中国人、欧米人日本人がわずか、という今までとは違う状況。

 

自分の順番であろう頃を目指して着いたのですが、演奏中のスクーンを見ると、え、もう後の方ではない?

焦って着替えて、待機場所に着くと、次の次!

私たちも席に座って、三脚セットしたりなんだかんだしているうちに、もう末っ子の番、待って〜、ハンディビデオの準備はまだ〜

 

主人と私のスマホそれぞれで撮影開始、ハンディビデオは頭の部分が追いつかなくてキレている状態で撮影、という、まさにギリギリ

 

発表会は2、3年ぶり

ミスもなく、弾けました、よかったよかった!

 

ちなみに、ドレスは、私が自分の結婚式の二次会で着たドレス、29年前の。とても綺麗に実家で保管していたので着れました。

なんだか、そのドレスを、高校生の、しかも末っ子が着ているのって、感慨深いものがありました。

 

数日前に、靴は?と思い、いやもう、今までの小・中学生の発表会用とは違うし、そんな靴ない!と前日に急遽買いに走ったり、

ヘアースタイルは?と思い、ショートボブなのでアップでもないし、と、youtubeで動画探して、それこそ当日朝勉強?したのですが、いざやって見ると、その髪型は、微妙に長さが足りなかったりと、

余計な動きもずいぶんしましたが、無事終わってよかったよかった!

 

翌日、私がそのドレスをしまおうとしていたら、主人が

「また、それ誰か着るかな?」

ですね〜、誰か着るかな?

ちなみに彼は、私が言うまで、それが、自分達の二次会で私が着ていたもの、とは全く気づかなかったようです。

facebookでアップした投稿に、

「司会を務めさせていただき・・・」

と司会をしてくれた大学の同期からのメッセージ。

二人して

「そうやったっけ?」

 

顰蹙な二人、もう29年前のことなのでお許しを

 

そうそう、期せずして、思わぬ方から、とても素敵な花束をもらい、末っ子も私も大喜び、感激で、発表会の思い出に、さらに花を添えていただきました。

ありがとうございました

 

 

ランキングに参加しています。クリックしていただけるととても嬉しいです
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

そんなに褒めないでください、思わず赤面

英語Terakoyaです。

 

そんなに褒められた?私が?

いやいや、末っ子の話。

 

去年今の所へ引っ越したのを機に、ピアノの先生も歩いて行けるところに変えました。ローカルなエリア〜

日本人の先生ですが、上海はもう10年?20年?

生徒さんは、ほとんど中国人、かその他外国人が少し、日本人はいるかいないか。。。

 

年2回の発表会、いつも定期テストと被り、2度とも見送りましたが、せっかくやっているのに、発表会も出ないではねえ〜、

一度ぐらい出る?

と今回出ることにしました。もちろん、翌日は、定期テスト1日目ですが

 

彼女の前の生徒さんは小学校2年生の女の子。

その日、先生から頼まれてその子の前でひいたようです。

「もうすごく喜んでいて、憧れの素敵なお姉さんですよ。私の期待の星です!

実は、引っ越すんだけど、次の部屋が狭いのと、ご近所との関係(やはり音の問題ですよね)がうまく行くかとか、とても心配だったんですよ。

今日このレッスンが、ここで8年やって来た最後のレッスンで、それがこんなに素敵に弾いてくれて、私の気持ちもすごくスッキリしたし、

あ〜なんだかとても良い感じでここを出れそうです。ありがとうございます。」

え〜

せ、先生、そんなひたすら最大級に褒められたら、私たち、どうしたらいいですか?

 

「この曲を弾くんだから、ドレスよね?これ弾くのに、ワンピースや、ましてや制服で来られたどうしよう、と思ってるんだけど」

と先生。

以前もそんな話をされたことがあったので、ふふ、ちゃんと持って来ましたよ!

ドレスもドレス、私が自分の結婚式の2次会できたドレス。とても気に入ったので、購入したんです、白と黒の素敵なドレスです。

ピアノ演奏にもぴったりの

 

しかし、ここで問題浮上

 

持ち帰った時に着せたら、ウエスト辺りがぎゅっと絞ってあるので、結構ぴっちりだったのですが、

春休みの間に大きくなり、

「ちょっと、入るの?」

状態

「着てみる?」

「いや、今いいわ」

と末っ子。。。。

あと1ヶ月ちょっと。。。

素敵なドレスで演奏するのか、制服で演奏するのかは、どれだけタピオカミルクティーや西米露入りのマンゴードリンクなどをセーブできるかにかかっている

 

あなた、小さい子たちの夢を損ねちゃダメよ!

 

そして、

「けど、あのこ、演奏聴き終わった後”没听“っていうから、何言ってるの?と思ったんだけど」

と。いや、あなたこそ何言ってるの?

「美听だと思うけど。。。」

どちらのMei tingがただしい?

 

 

とにかく、先生、中国生活が長くて、おそらく日本人との付き合いはあまりなさそうなので、褒め方も

”国際仕様”

なのかもしれません笑

 

さ、あれだけ言われたら、やはりテストがあるのでやめますなんて言えないよね、しっかり練習して、勉強も計画的にね!

とうまく行くかどうか。。。。

 

次回開催予定です。

英語Terakoya コミュニティ 第5回

日時:4月26日 PM13:00-14:30(Beijing Time)*今回は午後です

場所:オンラインで開催(zoomでやります)

*英語Terakoyaコミュニティについてはこちら

*申し込み締め切り 前日(4月25日)

じゃ、参加してみようかな、という方は、こちらからお願いします。→🍀🍀🍀

*第1回の様子・感想はこちらから

*第2回の様子・感想はこちらから

何か質問や、日時をこうして欲しいなどのご要望などがありましたら、お気軽にお問い合わせくださいね

 


ランキングに参加しています。クリックしていただけるととても嬉しいです
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

ピアノ再開しました

英語Terakoyaです。

受験前、いや、正確には中2の12月の発表会いらい、ピアノはお休みしていました。もうこののママ辞めるのかなぁ、とも思っていたのですが、

受験が終わったらやりたい、ということで、引っ越し先の近くに、友人が先生を紹介してくださり、入学から一か月たって、少しおちついてきたところで再開となりました。

先生は3人目。それぞれの先生、全く違うタイプで、今の先生は10年以上こちらで、日本人以外の生徒さんがほとんど、という方。

次男も弾いていた、ベートーベンの”悲愴”が、かっこいいから弾きたい、とそれの練習をぼちぼちと。

中2で弾いていた、ショパンンの”軍隊ポロネーズ”を弾いたところ、先生が

「これ、6月の発表会で弾いてくれない?」

えー?????

高校最初の定期テストは週末を挟んであるのですが、発表会,もろ、その週末(~_~;)

 

要領のいい子なら、それも可能でしょうが、末っ子、かなり要領わるし。人よりも時間をかけなければいけない…。そんな余裕あるとは思えない。。。。

が、本人

「出たいです!」

えー????

「もう弾けてるんだから、当日、ちょっと弾きに来てくれる感じでいいから。ドレス着てね」

え???ドレス???

いえいえ、もう、このサイズのドレスはないですよ、音大めざすような人なら、ドレスきて、もありかもしれないですけど

「ないです、制服で」

「えー、制服で軍隊ポロネーズはないでしょう。ドレスですよ~」

と先生かなりのテンション。。。

 

ちょうど主人が日本出張、ぽちすれば間に合わないこともないけど、やはり試着して買いたいし、ドレスというより、ちょっとしたフォーマルな席でもきれるようなものを また今度一次帰国した時に、買おうかな、

ちゃんとピアノの練習していればですけどね( ̄▽ ̄)

なんたって、次男との決定的違いは、

”とにかく練習しない”

ですからね。。。。

 

 

できるようになると楽しくなる!

英語Terakoyaです。

一学期は本当にピアノの練習をしなかった次女。

でも、ひとつでも人より自信持てることは続けておいたほうが、スランプの時にやはり自分の支えになったりするので

こんなに練習しないのに、レンタル代と、高い高いレッスン料もったいないけど

と思って居ました。

ところが合唱大会の伴奏をすることになり、また、音楽の先生が

「ぁの曲の伴奏はやばい」

という、一番難しぃ曲を弾くことになり、夏休み終わりごろからぼちぼちやり始めました。

そして時を同じくして冬の発表会の曲も決定。

ショパンの「軍隊ポロネーズ」

私、この曲好きなんです。

なぜかといいますと、

香港で4人全員ピアノを習っていたときの発表会で、

高校生の男の子が、この曲を弾いて、本当にカッコよかった。

そして気持ちよさそうに弾いている姿がとても印象に残ったのでした。

わぁ~、うちの子にも子の曲弾いてほしいなぁ、と。

(その男子はイケメン。子供に、「それやろ、よかったのは」と突っ込まれますが💦)

当時小学校低学年だった次男、中1の時に弾きました。母、とてもうれし!

カッコよかった!ほれぼれ~(親ばかですいません)

 

そしてそれから6年がたち、今度は次女が弾くことになるなんて♡

オクターブがばんばん出てくるので、手が異常に大きい次男には問題なかったのですが、次女には大変そう。

読譜の最初はなかなかすすまず、そんなにやろぅとしなかったのですが、今はあと少しで読譜もおわり、だんだんに弾けてきました。

そして、合唱大会の伴奏も、友達から

「めっちゃ上手!」

とたくさん言ってもらって、嬉しかったようで

1学期とは別人のように、マメに練習しています。

「弾けるようになってきたら楽しぃ!」と朝から軍隊ポロネーズ。

 

なかなか形にならなかったものが、形になってきたり、人から評価されてきたリすると、人間ってこんなにもモチベーションがかわってくるんだなあ、

と思いながら見ています。

日本では年に2,3回コンクールに出ていましたが、上海に来てからは発表会だけ。それも去年はなかったので久々のステージになります。

来年は発表会には参加しないので、今年いい演奏を見せてもらえるのを楽しみにしています。

次男とはまた違う次女の「軍隊ポロネーズ」を。

「このピアノ、調律悪いし、グランドとくらべると、ホント弾きにくい!」

と文句をいいますが、上海で調律を期待してはいけないし、

なにより、次男ほど練習しないのに、いつまでもグランドレンタルはできません💨

 

やはり、音楽のある暮らしがいいですね☆