中国人の教育のトレンド、子育ての正解は?

英語Terakoyaです。

 

次男の大学の同級生には上海出身の中国人が何人かいます。

そのうちの一人のママとお茶した時のこと・・・

彼女は日系企業で重要ポストを長年勤めてきたバリキャリ!が、ここでフリーランスになったということ。

お子さんは一人。

だから当然娘さんへの思い入れは強い、4人の子供のいる私とはかなりの温度差

いえ、私も長女の時には、やはり一人目ということで、それなりに思いは強かったかもですが、

思うようにはならないことを、4人育てるうちにいろんな形で経験し、

子供が大学になったら親の思いは手放していました。

 

けれど、やはり、彼女は思い入れが強く、

仕事のこと、大学院のこと、そして大学での学問のこと、全てにおいて最善を成し遂げて欲しい、という思いがひしひしと伝わってきました。

愛ですよね〜

 

もちろん、それの全てを完璧な状態でやれたらいいわけですが、

それをやるのは本人で、どんなペース配分が可能かも、本人が一番わかっています。

 

就職についても”世界のトップ500社”という言葉が出てきました・・・

入りたくて頑張って入れた会社がたまたま世界のトップ500社だった、というのならいいとおもうのですが、

それが先に来るのは…?

 

大きい会社に入ることが必ずしもベストではないし、その子によって、合っている会社も違います。

そして、インターンシップで一喜一憂する必要もない。

インターンシップの方が倍率はかなり高いので、落ちても気にしない気にしない!そりゃあ、その中から、優秀な子は青田刈りされる、とは聞きますが、

普通の就活戦でも十分やっていける。(準備していればね笑)

 

彼女の気持ちはとてもよくわかります。

でも、就職もあくまで過程、もっというと、一生過程=プロセスだと思うのです。

だからうまくいかないことがあったとしても

いつからでもどこからでも復活戦はあるのです、本人が望めば。

 

で、横にそれましたが、その彼女、日本に長く住んでいて、実践していた教育法があり、それを中国のママにも広めたい、とのこと

素晴らしい!

「最近の若い人たちは、子育てへの考え方が変わってきています。今までは、祖父母に子供は預けて自分たちは働く、というふうでした。でも、その弊害に気づく人たちが出てきて、できるだけ、自分の手で育てようという人が増えてきました。

でも、自分たちがそうやって育てられていないので、どうすればいいかわからない。だから 行きすぎたことをしてしまったり・・・

(ここで、外のカフェやファーストフードで、お母さんにガンガン怒られながら問題を解いている小さい子たちを思い出すわたし)

だからこれを広めていきたいのです。

それだけ子育て経験豊富で、いろいろな経験もされているから講演会とかしたらいいのに!(え、そっち???とんでもない、誰も聞かないですよ。)」

「いや、そんな講演会するほど、中国語しゃべれないし」(と一応応対)

「わたしが通訳します」(えーっ?!)

 

と変な方向に行きかけたのですが笑

小さいうちは、いいと思うものをあれこれ体験させてやるのは大事、

でも、どのタイミングで、自分で意思決定させるか決めるのも、大事。

その子の心の成長度合いにもよるので、そこは一律に、とはいかないのが、また難しいところですが。

でも逆を返せば

”子育てに正解はない”

と思えば、少し、気が楽になりませんか?(わたしもです

 

さらに、11月のボスキャリの話になり、彼女はしっかり参加企業を調べていて、

上海が大好きだから、上海で働くのもあり、と次男が言っている、と伝えたら

「ありましたよ、上海勤務!」

「いや、中国語できないから無理」

「いえ、日本語と英語でいいとありました。見て見て!」

さすがです〜、わたしはもう見ないことにしています・・・

だって彼の頭の中には、

”一流企業へ””コンサル、商社へ!”

というような日本の大学生が目指している概念は皆無なのですから・・・・

 

伝えてあることは1つ!

「来年大学卒業したら、一切援助はしないからね」

それだけです・・・

 

彼の人生です

 

 

ランキングに参加しています。クリックしていただけるととても嬉しいです
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

みんなしてそこまで言わなくても・・・”学部ファースト”

英語Terakoyaです。

 

自分がなりたいなあ、とずっと思っている職業があり、それに対して

周りから

”でも大変だよ〜”

と言われたら、どうですか?

 

あろうことか、末っ子、1日のうちに、3回も、全く別の人たちから(人種も超えて)言われました。

 

一人目・・・ドクター

帰任される前に、もう一度受診に。

いつになく色々お話しして、なりたい仕事の話に・・・

ドクター

「それはすばらしい!でも大変な仕事だから、続かない人も多いけど

頑張って!」

 

二人目・・・地下鉄職員のおばちゃん

地下鉄で戻ると、おばちゃんに久々に会い、またかなりの長話。

「幾つなの?大学はどうするの?」

などという話から、その話になり

「いや、あんな大変な仕事やめたほうがいいよ」

とめっちゃ言われる

大変な理由をいっぱい上げてきて・・・

 

三人目・・・ピアノの先生

夕方からレッスン。

勉強の話題が出て、そこから進路の話・・・

「素晴らしいですね。でも大変な仕事って聞きますからね〜、でも自分の夢に向かって頑張っって。

教え子にも、なった子がいて、最初の3年は本当に大変だったようだけど、それを乗り越えたらね・・・」

 

 

3連発で

大変、大変、大変!

流石に気持ちが萎えるだろうと思いきや、

周りから聞かされなれてるのか

本人いたって平気、気にしてない

 

やってみないとわからなし、それでそれをどう感じるかは、その人次第。

「高校生の時からやりたいことがはっきりしている子は珍しい、みんな大学になってもわからず、探すのに。

だから頑張ってね。」

*本当にその通り、長女長男は、就活するにあたって、考えていました。次男もこれから就活するのだとおもいますが、将来的にやりたいぼんやりとしたビジョンはあるものの、この仕事!というのはないようで、どうなることやら

とドクター、ピアノの先生はいってくれました。

地下鉄のおばちゃんは最後まで反対してたけど笑 今度会ってもまだ言われそうな勢いだった

 

けど、これって裏返すと、受験時、もう限定されているので、かなり大変なのです。

とりあえず文系でいいかなあ、という程度だと、いい意味でどうにかなりそうですが・・・(実際、文系学部だと、一般企業に入るのに、何学部、というのはよっぽど専門知識を求められる場合以外、関係ないですからね〜)

 

四人目の進路選択。

実際我が家の場合、バラバラ

一人目→ この学部面白そうだから。(実際、現在の業務は全く関係ありません)

二人目→何学部というのは全くなく、とにかく高3の冬のサッカー選手権までやりたい、というのが優先だったので、指定校の中からあるライン以上の大学を9月に決めたかった、のでその条件を満たす大学の中から選んだ。(なんという・・・

三人目→色々やりたいことはある、捨てられないこともある、でもそれを大学入学の時に決めろ言われても困る、そして何を専攻しようが音楽は続けたい→ダブルメジャーのできる海外大学に行きたい!*入学時点で学部選択はしていません

四人目→小学校のころから、なりたい職業変わらず・・・

 

というわけで、四人目にして、進路を考える時に、初めて

”学部ファースト”

 

四人目だから、もう慣れてるでしょ、と言われますが、

なんのなんの、その都度、全く状況が違いますので

”その都度初経験です”

 

私は、母としてできるサポートをするだけです・・・

次回開催予定です。

英語Terakoya コミュニティ 第9回

日時:7月5日 PM13:00~14:30(Beijing Time)*今回は午後です

場所:オンラインで開催(ZOOMでやります)

*英語Terakoyaコミュニティについてはこちら

*申し込み締め切り 前日(7月4日)

じゃ、参加してみようかな、という方は、こちらからお願いします。→🍀🍀🍀

*第1回の様子・感想はこちらから

*第2回の様子・感想はこちらから

何か質問や、日時をこうして欲しいなどのご要望などがありましたら、お気軽にお問い合わせくださいね

 


ランキングに参加しています。クリックしていただけるととても嬉しいです
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

それぞれの大学生活〜次男編その2、怖いものを知ってしまった彼〜

英語Terakoyaです。

 

怖いもの知らずの彼が知ってしまったもの、それは

”日本の会社”

 

2度目の夏休みは、日本でインターン。

今急成長のベンチャーにて。ベンチャーと聞けば、社内もかなりフランクではないの?

と想像していたのですが、そこには、日本の古〜い習慣がしっかり残っていて、また上についてくれたトレーナーがちょっと意地悪、陰湿だったから大変だった!

「電話は一番に取らなきゃダメ」

と言われ、さっと取ろうとすると、ものすごい勢いで先に取られ

「負けたね」

と言われるわ、エレベーターに先にいって、先に開けておいて上の人を待つ、と言われ

さっと行こうとすると

何人かの先輩がエレベーターダッシュをして競う

というはっきりいって?な感じ。。。

 

白か黒しかない正義感強い彼にしたら

「意味わからんねんけど」

と。

 

最初は、日本語がさっと出てこないところに、敬語も使わなければ、と思うと

余計に緊張して、(しかも、そんな小さい言い回しの違いぐらい、問題ない!と思うことまで、そばで聞き耳立てて直されたらしい

新入社員じゃなくて、インターンやで🤜)

 

仕事の内容は、面白くて良かったようですが、とにかく

そのあたりの変わった社風がどうにもこうにも無理だったようで

「ほんまに最悪やったけど、このインターンの意味は「日本の会社は絶対無理」ということがよくわかったこと」

いや、ちょっとそんな会社特殊だから、といってみても無理〜

 

「早くアメリカ帰りたい!」

とアメリカに戻り、新入生オリエンテーションリーダーをやり、juniorとしてまた慌ただしい半年を送り、

後半はシドニーへ留学!

 

彼が、transferの代わりに考えたのがこれでした。

 

大学のカリキュラム自体が、アメリカと違ってかなり緩いようで、また戻ったら大変なのでは?と思っていますが

 

アメリカの田舎の小規模なリベラルアーツカレッジと、大都会シドニーの大規模な総合大学の両方を経験できていることはプラスになるのかな?

 

さて日本の彼の友達はもう、内定をもらっている就活。

彼は夏からseniorですが、日本のように一斉に周りが就活をすることはないので、全く違う感覚でいるようです。

 

夏は日本に一ヶ月いるのだから、なんかできることあるよね、海外留学生には秋採用とか別枠あるんだし、と思っているのですが

「夏に一つイベント行って、あとはボスキャリぐらいしか行くつもりないから、就活のこと、言わなくていいから」

 

と先に釘を刺されています

どうせ、こちらが言っても、こちらのいうことは聞かない我が子たち。。。。

 

わかりましたよ、でもね、こちらが言いたいことはただ一つ

「卒業したら、ちゃんと働いて。もうあとは知らんから。_」

 

byあと一年、学費を払うのに息も絶え絶えの父母より

 

小さい頃から姉と兄になんでも譲る、おとなしい優しい生真面目な子(そこは変わってないけど)=超優等生が

ここまで規格外になると、誰が想像したでしょう

 

規格外、あと一ヶ月半したらシドニー留学終えて、上海に数日だけ戻ってきます

 

とまあ、これが現在進行中の次男の大学生活です。

こちらも一般的には参考になりませんね

 

ランキングに参加しています。クリックしていただけるととても嬉しいです
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

それぞれの大学生活〜長男編〜

英語Terakoyaです。

 

さてさて、今回は、我が家の一番のやんちゃ(以前までは。今や、その地位は次男が取って代わっている様相)、長男の大学生活。

 

とにかく一人で3人分ぐらいの手がかかる大変な彼。

 

大学は指定校推薦で、つまり、あまり学部などは広く選べない、そもそも

勉強に興味がないので、文系ならどこでもいいわ、ってなもんでしたから、

関西の法学部か、東京の経済学部か、で悩み、

法学部の長女から

「法学部は、マジ難しいから、やりたいと思って入っても難しいから、やりたいわけでもないのに入るのは、絶対やめたほうがいい」

とのアドバイス。

「東京行くのは勇気いるし。。。」(大都会、香港に住んでいたのに

と言いながらも、最後は本人が東京の大学に決定!

 

そして、母、やっと入学式に参列できました!

まあ、東京のど真ん中、美男美女だらけのキラキラした大学に、母と末っ子目をパチクリ

なんだ、あちこちモデルが歩いてる?状態。

 

指定校だからちゃんと勉強しないと後輩に迷惑をかけるんだからね!と言い聞かせたものの、

もともと勉強は嫌い。

サッカーは、体育会も体験に行ったtけど、トレーニングがあまりにきつく高校サッカーで大怪我をして、後遺症の残っている彼の足には負担が大きすぎた。

「レベル的にはやっていける、でもあのトレーニングを四年間やったら足が持たない、準体育会でもいい?」

私が、できれば体育会でバリバリやってほしいなあ、と思っていた、そんな気持ちを察しての言葉でした。

彼の片足は、怪我の後遺症で、親指が下に曲がらない、ふくらはぎに繊維化があり、筋肉がつかない、などあるので、大事に使っていかないといけないのです。

でも準体育会に入り、活躍し、全国大会で優勝!最優秀選手にも選ばれ、ドイツのサッカーリーグへ特待価格でサッカー留学もし、下部リーグからプロオファーももらいました。

もちろん、足の問題もあるし、断りました。

とこちらの方面は華々しい?けれど、勉強はそのぶんやっておらず、

気がつくと、4年生に進級時は、何度も聞き返した、まさかの

38単位を残している!

そ、卒業できるの???

 

*3年進級時に、必要最低単位があり、そこで早くも留年決定の言う子も周りにいたようで、そこをとりあえずギリギリクリアしたことで、私も油断していたか?

 

就活もインターンの時期には、ドイツに行ってたし、OB訪問や説明会などもいかず、解禁と同時に本格スタート!(インターンや説明会など、3年の夏から活動していた長女とは雲泥の差

周りはその時点でバンバン内定もらっている、という状態。

エントリーシートやテストも通って、数々の名だたる企業の面接に進んだ!

ものの。。。

本命レベルのところが、初の面接

しかも内定もらって、面接に来ない学生も多く、グループ面接の予定がいきなり個人面接で深掘りされて、の最悪パターンで

そんな状態でいいパフォーマンスができるわけもなく

どこか行けるやろ、と思っていたのがまさかの全落ち

 

そりゃあもう、悲惨な始まりでしたよ。

こちらまで胃をやられました。。。

 

なんとか内定をもらい、次は卒業に向けての単位取得に励まねばならず、卒業判定が出るのは卒業式の2週間前

 

卒業式に出るのか、それとも就活留年に喝を入れるのかもわからないままフライトを予約。。。こんなにフライトを予約するのがつらかったのは初めて

 

が、いつも崖っぷちで生きている彼

なんとか卒業🎉しかも、その回の成績、スンバラシイでき!

なんでそれをもっと早くにやらなかった✊

そしたら就活だって、一年生並みに毎日授業出席しながらなんて、大変なことにならなかったのに(周りから、え?そんな毎日学校行ってるのと言われたらしい。。。。)

 

そして

「崖っぷちで生きていく」

発言!こっちまで巻き込むな!

 

しかし、よく38単位を残す学生を(それでよく就活してるね、レベルですよ。最終面接で残りの単位数を聞かれて答えたら、面接官に吹かれたとこもあったらしい、当然ですね)とってくれたな、と思うのですが、あとでわかったこと

担当者、成績を見ていなかったようで(人物評か?笑)、内定の後にそれに気づき

「何が何でも卒業するように」

と、彼、言われたようです。。。

その辺の緩さは、彼にはぴったりなのかも笑

彼の面接の時期、実はもう採用枠は埋まっていたようなのですが、おもろいのがきたからとってみるか?みたいな感じのようでした、あ〜やはり崖っぷち

 

 

とにかく、晴れて、初めての卒業式に参加!久々のそのキラキラキャンパス、

「久しぶり!」

と声がする方を向けば、イケメンに、美女ばかり💖

友人には女子アナとかいますからね。。。。

良い、卒業式となりました。卒業式出れたことがまた嬉しかった

 

このやんちゃ息子、今は、予想とは裏腹に、普通に社会人をしています。

いちばんの楽しみは、週末の社会人サッカーのようですが。

今年は副キャプテンになったとかで?

 

まあ、彼の大学生活は、なんの参考にもなりませんね。とにかくハラハラさせられっぱなしで、卒業の2週間前まで✊

 

さて、次は、現在大学生の、残り後1年の次男。我が家の風来坊の場合ですね、現在進行中

次回開催予定です。

英語Terakoya コミュニティ 第6回

日時:5月16日 PM12:30-14:00(Beijing Time)*今回は午後です

場所:オンラインで開催(zoomでやります)

*英語Terakoyaコミュニティについてはこちら

*申し込み締め切り 前日(5月15日)

じゃ、参加してみようかな、という方は、こちらからお願いします。→🍀🍀🍀

*第1回の様子・感想はこちらから

*第2回の様子・感想はこちらから

何か質問や、日時をこうして欲しいなどのご要望などがありましたら、お気軽にお問い合わせくださいね

 


ランキングに参加しています。クリックしていただけるととても嬉しいです
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

それぞれの大学生活〜長女編〜

英語Terakoyaです。

 

こんなタイトルで親編をずっと前に書いた気がするので、思い出して続編笑

 

長女の場合、付属校から進学でしたので、高校の時に、授業かなんかで大学に行くこともあったようで、そんなに新鮮さはなかった感じ。

入学式も、なんちゃらドームみたいなところであって、どうせどこいるかわからんから来なくていい、と言われ、

私も忙しかったので行かなかった、というぐらいの特別感なし

大学でやるならまだ行こうかな、とも思ったんですけどね。

 

大学までがとても遠くて、電車とバスを乗り継いで、2時間半以上片道かかった。

だから”下宿したい”と、ある夏休みに必死でバイトして、一人暮らしの初期費用を貯めた彼女。

よし、いざ、奨学金を借りに行こう!と大学の関連部署に行ったら、親の年収で引っかかり、奨学金は借りれなかった笑

普通、借りるための条件などをまず確認してから、バイトでしょうが、彼女の場合、思い立ったら行動が先順序逆ですよ・・・

いやいや、今東京で一人暮らししている彼女の様子を見る限り、奨学金借りてても返せなかっただろうし、よかったんですよ。

社会人になって借金を返すのは大変なので、大学までは全部出してあげるので、その後の貯金はしっかり自分たちでするように、というのが我が家の方針。

とまあ通学が時間かかったので、サークルも入らず、旅行に行く、とかでもなく、大学とバイトの日々だった彼女。

高校が、全て英語で授業をするところで、一年間アメリカへ留学もしていたので、今更語学留学の意味はないし、と、周りが留学に行く中で、もちろんそんな気もなく、

特別何かをする、ということもなかったかなあ。

 

大学のプログラムで、国連でインターンシップ?のようなものがあり、論文など提出して審査があって、それはかなりの倍率だったのですが、なんと合格!

だけど、見ている限り、夏休み、アメリカ行ってお買い物とかできたらラッキー的なものを感じ、留学費用は自分で貯める、という子もいる中、バイト代から少しでも出そう、という姿勢もなく、本気度を感じられなかったので却下

「本当にいいんですか?ものすごい倍率の中通ったんですよ?」

と事務の人から何度も確認されたようですが。。。

 

 

就活では、大学時代に大したことをやってこなかったからどうしよう、と不安がっていましたが、高校留学を大いに評価され

4回生になる時には、早々と内定ももらい、それと同時に、私たちの上海赴任が決まり、残りの一年はまさかの一人暮らし。

 

入学式は出れなかったら、卒業式は出るぞー!だって、子育ての一つの終わりじゃないですか?

ところが!

「卒業式のための袴レンタルするのも面倒だし、朝早く着付けして、電車で長時間かけて行くのもしんどいし、別にそんな友達がたくさんいるわけでもないから、いかない。だから帰ってこなくていい」

のまさかの発言

出るように説得したのですが、一人でそういう準備をするのも面倒だったのか?とうとう出席せず。。。

 

AB型の彼女の思考回路は全く理解できないので、

「はい?!」

と言わされることの連続。。。

 

卒業してだいぶだった頃に、何かのきっかけで

「卒業式出なくてごめんなさい」

とメッセージをもらいましたが。

 

でもまあ、社会人としてちゃんとやっているようだから良しですよね。

 

上海はあまり好きでないようで、好んできてくれません笑

「ねえ、いつ帰ってくるの?東京とかにならないわけ?そしたら一緒に住むのに」

えっ?

それ、違うんじゃない???

 

AB型の長女の場合でした。次回は長男。

 

ランキングに参加しています。クリックしていただけるととても嬉しいです
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ