それぞれの大学生活〜長女編〜

英語Terakoyaです。

 

こんなタイトルで親編をずっと前に書いた気がするので、思い出して続編笑

 

長女の場合、付属校から進学でしたので、高校の時に、授業かなんかで大学に行くこともあったようで、そんなに新鮮さはなかった感じ。

入学式も、なんちゃらドームみたいなところであって、どうせどこいるかわからんから来なくていい、と言われ、

私も忙しかったので行かなかった、というぐらいの特別感なし

大学でやるならまだ行こうかな、とも思ったんですけどね。

 

大学までがとても遠くて、電車とバスを乗り継いで、2時間半以上片道かかった。

だから”下宿したい”と、ある夏休みに必死でバイトして、一人暮らしの初期費用を貯めた彼女。

よし、いざ、奨学金を借りに行こう!と大学の関連部署に行ったら、親の年収で引っかかり、奨学金は借りれなかった笑

普通、借りるための条件などをまず確認してから、バイトでしょうが、彼女の場合、思い立ったら行動が先順序逆ですよ・・・

いやいや、今東京で一人暮らししている彼女の様子を見る限り、奨学金借りてても返せなかっただろうし、よかったんですよ。

社会人になって借金を返すのは大変なので、大学までは全部出してあげるので、その後の貯金はしっかり自分たちでするように、というのが我が家の方針。

とまあ通学が時間かかったので、サークルも入らず、旅行に行く、とかでもなく、大学とバイトの日々だった彼女。

高校が、全て英語で授業をするところで、一年間アメリカへ留学もしていたので、今更語学留学の意味はないし、と、周りが留学に行く中で、もちろんそんな気もなく、

特別何かをする、ということもなかったかなあ。

 

大学のプログラムで、国連でインターンシップ?のようなものがあり、論文など提出して審査があって、それはかなりの倍率だったのですが、なんと合格!

だけど、見ている限り、夏休み、アメリカ行ってお買い物とかできたらラッキー的なものを感じ、留学費用は自分で貯める、という子もいる中、バイト代から少しでも出そう、という姿勢もなく、本気度を感じられなかったので却下

「本当にいいんですか?ものすごい倍率の中通ったんですよ?」

と事務の人から何度も確認されたようですが。。。

 

 

就活では、大学時代に大したことをやってこなかったからどうしよう、と不安がっていましたが、高校留学を大いに評価され

4回生になる時には、早々と内定ももらい、それと同時に、私たちの上海赴任が決まり、残りの一年はまさかの一人暮らし。

 

入学式は出れなかったら、卒業式は出るぞー!だって、子育ての一つの終わりじゃないですか?

ところが!

「卒業式のための袴レンタルするのも面倒だし、朝早く着付けして、電車で長時間かけて行くのもしんどいし、別にそんな友達がたくさんいるわけでもないから、いかない。だから帰ってこなくていい」

のまさかの発言

出るように説得したのですが、一人でそういう準備をするのも面倒だったのか?とうとう出席せず。。。

 

AB型の彼女の思考回路は全く理解できないので、

「はい?!」

と言わされることの連続。。。

 

卒業してだいぶだった頃に、何かのきっかけで

「卒業式出なくてごめんなさい」

とメッセージをもらいましたが。

 

でもまあ、社会人としてちゃんとやっているようだから良しですよね。

 

上海はあまり好きでないようで、好んできてくれません笑

「ねえ、いつ帰ってくるの?東京とかにならないわけ?そしたら一緒に住むのに」

えっ?

それ、違うんじゃない???

 

AB型の長女の場合でした。次回は長男。

 

ランキングに参加しています。クリックしていただけるととても嬉しいです
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

それぞれの大学生活、どんなだったか考えてみた〜親編〜

英語Terakoyaです。

先日、”入ってよかった大学”の記事を読んで、自分たち含め、みんなどんな大学生活を送ったか、また送っているのか、

ちょっと振り返ってみました。

 

私と主人に関しては、大昔の大学生。

二人とも体育会だったのでそっちメイン(笑)

練習は午後からですので、練習中は、出席を取る授業のみ参加はゆるされ、で暗くなっても練習して、その後バイト、なんていう日々。

私は朝練もしていたので(初心者で始めたので←そもそも愚か)みんなのレベルに追いつくために必死でしたから。

だからいつも疲れていて、午後の授業は、練習を抜けられてラッキーなお昼寝タイム。

授業からコートに戻ってはいるときに、挨拶を大声でするのですが、それが小さいと

”やり直し!”

と怒られる。ほんと、これ今なら、パワハラの世界でしょうね

真面目にいつもノートをきっちり取る友達に救われたものです。

そんな体育会とバイト主体の日々。

当然、いつもジャージ。当時は、バンカラな校風でしたから問題なかったですが、今はおしゃれ〜に変わっていますので、とても歩けたもんじゃないでしょうね。

というかコートが当時、キャンパスど真ん中だったのが、今は、もうキャンパス内にはありませんが笑

就活も、今のようにインターンして、とかエントリーシート送って、何度も何度も面接をして、なんていう時代でもなかったので、本当に4回生になってでしたね。

 

主人も似たようなものです。私ほど練習をしていたわけではないですが。(同じ部ではありませんでしたし。むしろ、”あそこの練習ダラダラしてるよね〜、と上から目線で見てました😎いまだに言ってます

 

私たち親世代は、大学時代、やりたいことを4回生になるまでやって、夏前から就活と言っても、OB,OG訪問するぐらいで、それで数社出して内定もらえていましたから、本当に良き時代でした。

 

反省点

やっぱりもっと資格を取るとか、勉強をしておけばよかったな、と思います。当時は、”海外留学”する人なんてごくごく少数だったので、そこまでは思いませんが。

あとは大学が提供するプログラムを利用したりすればよかった、と。
今だに母に
「あなたは、大学にテニスをしにいかせたようなものだわ」
と笑って言われます。ごめんなさい

 

でも、親元を離れて、自分と向き合う、そして一人で生活するのがどういうことかを経験させてもらえたことが一番の収穫だったと思います、感謝してます。

 

なんて書いていると、

”テニス部の同期、みんなどうしているんだろう”

とおもうのでした

 

男子部の主将(私女子部主将)と年賀状で、いつも

”同窓会やりたいね”

とやりとりすること早何十年。

男子は、やはり単身赴任生活を送っている人もいるようだし、女子はその逆だったり。

 

おっと、昔振り返りすぎでした

 

次は子供達編です😉

 

今を変えていきたい方、一緒にいかがですか?→報告会サポートコミュニティ(仮称)

ランキングに参加しています。クリックしていただけるととても嬉しいです
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村

2020年入試改革の影響

英語Terakoyaです。

末っ子の大学入試の年2020年からセンター試験が廃止され、新しぃ入試制度になります。

まだまだ全容ははっきりしていないようですが

先日校長先生のお話だと

今年ぐらいから、大学側は

それを見越した入試の変更点などを進めてきているようです。

そうなんだあ~、と思っていたら、違うところでもその影響が

 

ある大学付属校でも、上の大学や、ほかの指定校への推薦の条件が

TOEICのL&RとS&Wの合計1390点中何点ないと推薦してもらえない、

というのを聞きました。

 

今まではTOEICはL&Rで良かったんですけどね。

つまり、

入試改革では、英語の場合、4技能を見る、ということになっているので

英検も、1次試験が不合格でも面接を受けれるようにする、

つまり、4技能の能力が数値化できるようにする、という措置を取るようです。

 

だから推薦基準もそんな風になっていくんだと思います。

思わぬところで、入試改革の影響がすでに出てきているようです。

我が家も他人事ではありません。

香港から4歳で帰国した時は、一人遊びも英語でしていた末っ子ですが、

英語は全部香港に置いてきた状態で、

なにもせずにいたら、やばいことになりそうです。。。。。

 

グローバル大学教育セミナーに行ってきました

英語Terakoyaです。

先週末は土曜、日曜とそれぞれ説明会、セミナーと行ってきました。

なんだか世間の親御さんなみになった気分☻

(周りのご家庭に比べると、勉強のこと、全くうるさくないので、かなりゆる~い我が家です)

中学生になると、いつどのタイミングで帰国するか、どのご家庭も悩むところ。

我が家の場合は、

香港から帰国して7年間単身赴任家庭だったこと、で家族でいることを重視したいと思っています。

もし、すご~くできる子だったら、良い高校を狙って、となるかもしれないですが

悲しいかなその可能性はありません( ̄▽ ̄)

なので高校途中で帰国になった時のこと、そして高校を上海で過ごすことの意義

などについて話を求めた週末でした。

数年前までは、中国語ができることで、大学入試にプラスになるような制度があるところはほとんどなかったようですが、

一気に中国語の重要性が増してきて、

HSKや中検の級を持っていることによって、入試時に優遇してくれる大学が確実に増えているようです。

今は英語ができるのはあまり注目に値しないようになってきていて、

ICUの話だと

英語+中国語、や、英語+スペイン語、ができる学生はとても魅力的に映ります、

ということだそうです。

先駆的な大学では英語プラスアルファのトリリンガルに育てる教育をすでに始めている、とのこと。

お勉強、得意ではない次女ですが、語学は好きなよう。

好きなところを伸ばして、高校や大学で少しでも活かせるように、

今どれだけ恵まれた環境にあるかということを今一度認識して

これからを過ごさねば、と思った週末でした。

ちなみに大学入試で優遇される一つの目安としては

英語ならTOEFL (iBT)90以上(これはインターの人でないと難しぃスコアですが)、か、英検準1級

→まずは英検準1級をとって、それからiBTを受けるのがよいでしょう、とのこと。

私も英語で相談を受けた時には、全く同じようにアドバイスしていました。

iBTは本当に内容も難しいですし、時間も長いですから。

 

中国語ならHSK4、5級

とのこと。日本でHSKの回数は限られていますが、上海だとほぼ毎月受けれるので、それだけでも恵まれていますよね。受験料も、1元=15円になってきたので、日本より高い、という今までの減少は解消するのでは?

 

これを頭に置いて、私は英語担当で、帰国時まで着実に英語力を伸ばすようにしていこうと思ったのでした。

中国語は、レッスンを受けながら、HSKを指針にやっていくといいな、と思っています。

 

次男が日本の大学を受験しなかったので、大学情報は、長男の受験の時、2012年に色々調べて以来、調べてないので、とても参考になりました。

中学入試報告会

英語Terakoyaです。

アメブロをやめたのでこのところブログ村しか見ていないのですが、そこの広告でやたら最近に目にするのがこの

「中学入試報告会」

はあ~、行きましたよ、私も。

うちは、次男が

「中学受験というのものをやってみたい!」といいだし、やらなくていい、といったのですが、本人がやりたいというので中学受験をした派なので

 

まわりのご両親とは、申し訳ないくらいのかなりの温度差がありました

勉強内容や方法も一切見ることはありませんでしたし、通塾すら自分でしていました。家から歩いて3分くらいで行けるところだったので(というか、当時単身赴任でしたので、一人で4人の学校や習い事の送迎をするのは至難の業で、その負担を減らすのも一つの理由として駅から徒歩2分のマンションを買ったといういきさつあり)

 

塾長もそれはすぐにお見通しだったようで、後日お話した時に

「彼の家の人は勉強のことなどみていないようだから、と職員室で言ってたんですよ」と

すいません。。。。

だからせめて、報告会ぐらいは行って、中学入試の全容ぐらいは知っておかねば、と思っていったわけですよ。

周りはとにかく熱心で、ご夫婦できてメモもとり。。。

うちの主人は全く興味がない人なので(というか私にまかせっぱなしなので)連れていっても寝ちゃうんですよね、かえって恥ずかしい

 

大きなホールを借りてすごかったですよ、奈良といえども。奈良は実は結構な難関校も多いんですよね。京都大阪三重などからも通ってくるという。。。

とまあ、実に冷めた両親でしたが、無事彼の第一希望に合格して楽しく通っていたはずが、中2のころから

「アメリカの大学に行く!」

といいだし、まさかの上海転勤になり、それに望んでついてきて、今にいたるわけで

本当、中学入試報告会で、各中高一貫校の大学進学の説明まで受けたこと、なんだったんだろう?って感じです。

 

でも、人生に無駄なことは一つもない、はず

きっと、一つ一つ自分の意志で決めてやって、選択して、今にいたったこと、それがとてもやはり意味あることなのだと思います。

なんだかいろんな思いをもってみた

「中学入試報告会」の広告でした。

しっかりと敷かれたレールの上を確実に安全に進むことがベスト、という考えがまだまだ主流の日本。

 

人生、いくらでも選択肢、あってもいいと思います。

だって、かつて確実安全だったものが何一つあてにならない世の中へとシフトしていっているよう気がするから。。。

ランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです🎶

にほんブログ村