ハローワークに 行ってみた

英語Terakoyaです。

 

今から遡ること10年ほど前。
末っ子が 小学校に上がった頃、そろそろ仕事を始めてもいいかな、
と思い、 ネットの求人サイトで探すのと並行して
ハローワークにも登録しに行きました。

その7,8年後に、まさかその頃利用していた求人サイトを運営している外資系の
外国人社員さんに レッスンをするようになっているとは 思いもしませんでしたが。

今の法人研修先とは違いますが、その会社も今は毎日テレビで広告をバンバン流す
会社へと急成長。

まあ、それはいいのですが,でその時、ハローワークには 求人サイトに載っていないような案件もある、ということを知りました。

そしてハローワークは職業訓練コースとして 雇用保険を受給している方への訓練と、そうでない求職者への訓練コースとあるんです。(種類があるのは今回知りました) それはその頃から知っていて、確か去年の今頃も なんとなく見てみたときに、いいなあ、と思うものがあったのですが、

まだ戻ることに希望を持っていたので、あ〜、こんな半年みっちりだと無理だ、と思ったのです。

そして今、いよいよ 心配もなくなり、そして戻る、ということは一度頭から切り離して考える中、再度見てみると、

いいなあ!と思うものがあり!

ただ これは一切自分のキャリアやスキルに関係のない、というか真反対で、人にお金を払ってお願いしていたようなこと

常々自分でこれができたら、どれだけいいだろう、と思っていたけど、まあ、こんなこと無理だわ、

と全く諦めていたのですが。

興味を持ったのも何か。でもなあ、きっと今受講したい人は多いだろうし、こんなおばさんは 後回しになるだろうし… とぼやいていると

「そんなの受けて見ないとわからんやろ。人生100年時代、中高年にも働いてもらわないと 国も困る時代なんやから とりあえず受けて見たら?行くべき!」

と次男次女からハッパをかけられ(私が子供達に かけてきた言葉をそのまま 言われるんですよね、興味があるなら ダメもとでチャレンジしろ、と)個別相談会へ行って見ました。

それが奇しくも、次男の合格電話の日と一致したという奇遇。

複数のコースの相談会でしたが、このコース、凄い人気で 10数人待ち

もし受講申し込みをするなら、まずは求職登録をしないといけないというので、待ち時間に それを済ませる(仮登録はオンラインで自宅でできるので、その分時間短縮できました。)

戻ると、いい感じの順番になっていて 、いよいよ次、という頃に職員さんが声をかけてくださり、ジョブカードについて説明を受けました。

ようは、履歴書を書いたり面接を受けたりするときに、自分の洗い出しをしておくと、スムーズに行くので、それを書きましょう、そして書いたら、いつでも無料で 専門のカウンセラーが90分、見てくれます、ということ。

なんて至れり尽くせりなの!就活をひかえた大学生に教えてあげたいわ(笑)

で いよいよ説明を受けたのですが、訓練日数75日、4ヶ月、とあったので、何も計算せずに、週3回ぐらいかな、と呑気に望んだら、土日祝日以外 毎日 6時間

ええーーーー!

これが少しでもかじっているものならまだしも、ほぼ知識なし、用語を聞いたことあります、程度のおばさんが できるものなのか?

でも、隣のおじさんは、私より年上で、多分定年退職して その後の、って感じだし…

だけど、こんなにみっちり受講できるのは 今のようにたっぷり時間がありそして脳みそ的にも これがラストチャンスのように感じる…

ちょうどいまの法人研修のラストレッスンの週ぐらいから始まるので、そこはどうにかなりそうだし…

が!

前回 同じコースを雇用保険受給者向けのコースでやったら 倍率が4倍で 過去最高でしたので そのときにあぶれた70人ほどの方が こちらへ再チャレンジされるかもしれませんし、必ず受講できるという保証はございません、と。

ま、そうよね、相談会ですらこの盛況ぶりだもの。

テストと面接も受けての選考もあるし。

家から自転車で行けて最高なんだけどなあ〜

ダメもとで 出してみるか、と受講申込書をもらいに戻ると、やはり公的機関、提出書類がハンパない、これだけでめげそう…

 

10年ほど前、これはたまたま見つけたのすが、文科省が後援する「奈良を英語で観光ガイドする人材養成講座」みたいなのがあって、それは倍率10倍以上の非常に狭き門だったのですが、当時香港から戻ってきて、どういう風に進もう、と考えていた私にとって いろんなきっかけを与えてくる機会となったんですね。(こちらは ハローワークとは関係なく、自己負担もありましたが、文科省後援だったのでありえない受講料でした。ありがたや)

その時は、大学にやはり4ヶ月毎日みっちり通って受講、現地ガイド実習もしたりして 大学以来の 学生生活は大変でしたが 充実したのもので、それがきっかけとなって 無理と諦めていた英検1級をとったり、通訳ガイドの資格を取ることへと 向いて行き、それがそのまま仕事になったという軌跡がありました。

なんとなく、その時に、色々と今が似ている気もしています。ま、出すだけ出してみよっかなあ〜

おそらく、選考に通らないとは思うんですよ、色々な要素を考え合わせてみても
子供らに偉そうに言ってきた手前、出すだけ…

 

で今回、ハローワークに久々に行って見て、そのサポート体制が実に細やかなことにびっくり!

  • お子さんを抱えながら求職する人
  • 介護などを抱えながら求職する人
  • 就職氷河期の人
  • 障害を持つ人
  • 65歳以上の 定年後の再就職を目指す人

(私は該当するものはないわけですが)

などそれぞれ専門で対応してくれているようです。
ジョブカードの個別相談もあるし、職業訓練もあるし。
利用しない手はないですよね。

 

さらに年金、健康保険相談コーナーなるものまであって、これは社労士の方が 無料で 退職後の年金や、それにまつわること色々相談に乗ってくれるというもの。わたしは全く知識がないのですが、 ごく基本的なことから聞いていいようなので、これは是非行ってみようと思います。

ハローワークが徒歩圏内なのも嬉しい、雨でもいける

色々と衝撃を受けた1日でした。目を覚まそう!自分

 

 

ランキングに参加しています。クリックしていただけるととても嬉しいです
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ


←英語資格のオンラインレッスン始めました

 

 

 

←おすすめのオンライン予備校を紹介しています

 

 

お役立ち情報、ブログには書かないこと等々、無料メルマガ発信しています!
「なになに?」と思った方、下のボタンから登録してくださいね

 

 

2週間ごとに開催のオンラインコミュニティへのご参加もお待ちしています。心が軽やかになる空間ですよ

 

 

 

次回開催予定です。

最近はコミュニティのグルチャで 有用なシェアも活発にされていて
ますますたのしい空間となってますよ!

Terakoya コミュニティ 第54回

日時:8月23日 15:00-16:30(Japan Time) 

場所:オンラインで開催(ZOOMでやります)

*Terakoyaコミュニティについてはこちら

*申し込み締め切り 当日正午(8月23日12時)

じゃ、参加してみようかな、という方は、こちらからお願いします。→🍀🍀🍀

*第1回の様子・感想はこちらから

*第2回の様子・感想はこちらから

<参加手順>とても簡単!

1. ZOOMをダウンロード!

2. 開始5分ほど前にリンクをお送りしますので、そちらをクリックして入室ください。

3. 途中入退場自由です。

何か質問や、日時をこうして欲しいなどのご要望などがありましたら、お気軽にお問い合わせくださいね

 

 

 

気持ちの揺れやブレを感じたら。。。。解決の一つかも

英語Terakoyaです。

アメブロをやめてからもう一年4か月、でもいまだに毎日読んでくださる方がいて、アクセス解析を見るのは日課です。

おとといのリンクをみて、そこからとんだページがここでした。

こんなお問い合わせがありました。


テーマ:
奈良 英語Terakoya橿原の
英語資格~TOEIC,TOEFL,GTEC,英検~指導講師、
です

きのう、子育て中の方から、なかなか英語の勉強がはかどらない、,独学でTOEIC830まで取ったものの、その後の目的もなく、、、、今後の勉強法と、英語の活用法についてのお問い合わせがありました。

これって、結構、子育て世代の英語ができるママには当てはまる悩みなように思いますので、私なりの解答をシェアさせてくださいね。

~今後の勉強のし方ですね?TOEIC830といいましても、そのうちわけにより、勉強法は変わってきます。

実際今同じようなスコアの方がいらして950を目指されていますが、この方はリスニングはほぼ満点です。ですのでリーディングを集中してやっています。

英語の活かし方については、○○さんのゴールが何かによって変わってくると思います。

正直、今のスコアでは、講師業や英語を専門として、というのでは再就職の際に弱いと思います。

英語力もいかせる事務ですとか児童英語講師であれば可能かと思いますが。

これについては、ご自分のやりたいことと、今の能力をすり合わせて、あとは求人関係を自分で徹底的に調べて、自分から動いていくしかないですね。

もし、仕事に、ということでしたら。

子育てでブランクがおありならなおさらです。

納得いく仕事を得ることはたやすいことではありません、まして時間に制限がある子育て中でしたらなおさらです。

厳しいようですが、私も18年間のブランクのあと、仕事を得て、納得できる仕事をできるまで、相当大変な思いをしました。

今の世の中、新卒も就活は過酷、リストラだって普通にあります。

その中で、主婦が仕事を得ようと思ったら(なんでもいいのなら別ですが)それ相応の覚悟が必要かと思います。

生徒さんは、みなさん、主婦の方は再就職を目指して学んでおられます。

見事幼児二人を育てながらtoeicのスコアアップをされ、理想的な職場に再就職をされた方もおられます。

今回の英検でも、再就職を目指す方がお互い励ましあいながら学習されているクラスもあります。

まさに今日これからのクラスです(笑)

以上、少しでもご参考になればいいのですが。
子育て中、自分の夢に向かっての努力を維持するのは大変です。

でも、それをするかしないかで、おおげさに聞こえるかもしれませんが、子育て後の何年もの日々がまったく変わるものになりますよ。

自分が、どんな40代以降をめざすのか是非、強いイメージをもってがんばってくださいね。~

自分の人生です、後悔の残らないようにいきたいですね。

さて、今日のレッスンのプリント類を用意しなければ。

~ちょうど3年前の渡航をまじかに控えたころの記事ですね。
納得のいく、つまり、家族に負担をかけないという物理的な条件と、自分のスキルや経験を生かせてやりがいを感じることができるという心理的な条件、この二つを満たす仕事を再就職で探すのは至難の業です。
まして駐在をしてきたということはブランクもあるということ。
そこへもってきて、駐在から日本の現実にもどると、
やれ、子供の学校だの、年齢的にもそろそろ家を買おうか、だの、なにかと出費がかさむことが増えてくるのも事実。
収入を得ることももちろんですが、新しく住む地域に順応していくためにも、何かを始めることはとても大切でしょう。
ブランクもある、知り合いもいない、というないない尽くしからの出発となることが多いわけで、はい、これはかなりきつ~いものです。
だから気持ちが揺れたり、ぶれたり当然です。
もしそこへスキルや資格があったら?
経験がなくても、ブランクがあっても、自分の能力を示してくれる強力なツールになってくれるんです。日本は資格、好きな社会ですからね笑笑
だから、帰国後、上のような状況が想定される方は、ぜひ、時間のある今から準備をされておくことをお勧めします。
そうすれば、帰国後の気持ちの揺らぎやぶれが、少しでも小さくなると思いますよ😉
昨日の記事の友人には
焦らず、腐らず、がんばって!
と送りました。
もっとも今の私は、
もうすこし焦りなさい!
と自分に言いたいところです💦
P.S.
3年前の記事、就活は過酷、とありましたが、今年は6月頭にすでにかなり7割近い内定の数字がでていましたよね。

その仕事「できる」と思って受けたのですか?

英語Terakoyaです。

先日通訳案件の話ですが、初めての通訳、それもいきなり会議商談、ということでやはりかなり不安になるのが当然です。

とくに専門用語の類は、知識がなければどうしようもないし、事前資料の提供があるかないかで気持ちの負担もずいぶん違いますよね。

かなり大きいチャンス、とみなすか、かなり高い壁、とみなすかで、気持ちの持ちようは変わってくると思います。

そして私の経験を聞かれました。

「そんなとき、できる、と思って引き受けましたか?」

いえいえ、そんな自信などあるはずもなく、躊躇しますよ。

ちょっと返信メールに悩むわけです。。。こんなハードル高い仕事、そんな人たちの前に立って講義してるの想像しただけで心臓バクバクしてくる。。

でも先方は、私を選んで、依頼して来てくれている=できるとみなしてくれている、

いや、できるかどうかなんて想像もつかないけど、これを断ったら、このあとの紹介もくるかはわからないし、自分のスキルだって、今のままで止まってしまう、

それでいいのか???

と葛藤をしたあとに、

「やらせていただきます」

とのメールを返信し、

「え~、どうしよう!受けてしまった!」

と子供らの前であわてまくる、そして

「受けたんやろ、やるしかないやろ」

と冷静に言われ、そうよね、自分で決めたんだもん、

と急ピッチで準備にかかる、

とまあ、こんなサイクルでしたね。

受けてしまったら、先方から良い評価を頂けるように頑張るしかないので、

”できない”というのはあり得ないのです。。。

とくに、講師業ですから、依頼先が、一連の講座終了時に、受講生にアンケートを必ず取るのです。

で、それを依頼先も見ますし、私ももちろん見せられます。これ、本当ドキドキです

それプラス、スコアの伸びもデーターにして後日届けられます。

依頼先は、生徒からのフィードバックとテスト結果、それを総合的に見て、継続してその仕事を依頼するかどうかきめるわけです。

「次回もぜひお願いしたいと思います」

とのメールをいただいて、初めてその仕事の評価結果がわかるので、依頼を受諾してからの時間がかなりかかります。本当、心臓に悪かった。。。

依頼先は、実にこのアンケートをよく見ているわけですよ。アンケートといえば、以前、大手進学塾の小学校高学年を教えいたこともあるのですが、

そんな小学生たちにも、塾はアンケート取りますからねえ~、プラス、校舎間でテストの平均点も出して見せられますし素直な子供たちの声

(*塾の場合、ここに、保護者参観日もついてきます💦💦💦申し訳ないのですが、その日は、無理やり保護者の方々の存在を視界から外してレッスンしていました、、、)

普段、人からの自分への評価を目にすることはないと思います

戦々恐々とするのですが、そういう他者の評価を可視化・数値化されることによって、自分のスキルアップにつながっていったと思います。

人の評価をもらえるというのは、実はありがたいことなのです

 

この前の一時帰国の時に、起業して活躍している知人たちと話した時も、同じような話になりました。

めっちゃハードル高いお話をもらったとき、心の中では、え=!!???どうしよう、できるかどうかなんてわからん、とおもうのですが

「わかりました。やらせていただきます。」

と表面上、余裕な面持ちで受ける→寝る間を惜しんでそのための準備をする→当日涼しい顔をして、それをこなす

と知人たちも言っていました。

つまり、大きな仕事になればなるほど

”できる”

なんて確信をもって受けることはない、受けたからには、望まれているレベルの仕事をできるように準備する

です。だから、まずは、

”やるかやらないか”

それを自分で決める、つまり、今の自分のままでいいのか、よくないのか、

だよ~、友人に答えました。

 

なんだかこうして書いていると、かなり、プレッシャーのかかる状態で仕事してたのね、私、と思ってしまいました。

今こんなにのびのびしていて大丈夫だろうか。。。。なんて思ってしまいました。

選ばれる人になろう~仕事をつかめ(2)~

英語Terakoyaです。

先日、友人へと紹介した中国語の会議商談の逐次通訳のお仕事。

急ぎということで依頼主のほうでも通訳者を同時進行で探していたようで、適任者が見つかったらしく、友人の通訳の実現にはなりませんでした。

間に入ってくださった英語通訳者の方と、友人はメールでやり取りを進めたのですが、誠実できっちりとした対応をする友人なので、英語通訳者の方が信用を持たれたのは確実だと思っています。

”今後また案件がございましたら、ぜひご紹介させていただきたいと思います”

との報告メールをいただきました。

仕事には至らなかったけれど、このたびのことは、こういう人脈を作ることができたということで、それはまた、また案件を紹介されるというチャンスができたわけです。

つまり、いつ来てもいいようい、用意しといてよ~!というメッセージでもあると思います。

私には、彼女が、近い将来、依頼を受けて通訳業務をこなしている姿しか浮かびません✌

”この仕事、だれに頼もうか?”

と思ったときに、思い浮かべてもらえるかどうか、とても大事なことですよね。

その思ったときに、人は、どういう思考経路で、声掛けをする人を選んでいくのか?

今回、私自身が、それを経験して、改めて、そういうものだよね、と思いました。

中国語ができる

というだけならほかにも知人はいます。

私が意識したのは、

*通訳ではなくとも、仕事の経験があるひとか

*きっちりとした対応ができるひとか

*そして、”通訳業務”をやりたいという熱意と、準備があるか

でした。

 

日々中国語を使う仕事についていて、それを踏み台に、次なるステップアップを彼女が考えているのも知っていましたし、そのための努力をしているのも知っていました。

だから、彼女、だったのです。

逆を返せば、自分も、”選ばれる人”になるためには、そういう姿勢を持ち、行動をしていることが必要なんだ、と思った、今回のお話でした。

 

 

ステップアップのチャンス!仕事をつかめ!(1)

英語Terakoyaです。

週2回の太極拳。新しぃみなさん、時間通りに来てすでに練習!

あと1回、今までのを復習したら、6月からは太極剣!

先生いわく、ちょっと難しぃ、ということだけどカッコよさそうで楽しみ♡

直近でやったのが37式だったのを考えると、剣の動きは16個というので、少し気は楽??

と思いながら家につくと

日本で受けた通訳講座の先生からメッセージが!

なんでも、

”食品関連の商談の逐次通訳、それもまる二日間の同行をできる方を探しています、中国語です”

先生、それ、私に聞くの完全筋違い(~_~;)

その後に続く文面に大きくうなずく!

”もしご無理でしたらどなたか紹介していただけないでしょうか?”

ええ、ええそれはおりますよ~!

ただ仕事は関西、心当たりの方は関東

私はその友人が、通訳トレーニングも受けていたのを知っています。そして今中国語を使った仕事をしています。

通訳の仕事って、登録するときに、今までの実績をかかなければいけないのですよね。

だから単に語学ができるだけではなく、実績が必要。でも実績って、そんな簡単に詰めない。

登録が先か、実績が先か、みたいな。。。

これは絶対チャンス!ここでいいパフォーマンスができれば、次への仕事のオファーへとつながる可能性だってあります。自分のことのように大興奮!

彼女はいつも前向きで、とにかく努力をする人だし、彼女の姿勢が大好き!

もう、彼女を紹介するしかない!とルンルンとメッセージを送りました。

つまり、色々キャンセルになったのは、この件を進めるお役目が私にはあったようです。(明日に続く)