またまた信じられない発表!どこまでやるのか

英語Terakoyaです。

 

こちらの記事を読んでびっくり!

いくら何でもひどいですよ!

 

次男も最後のセメスター、3月のspring breakのあとは全部オンラインとなりました。

もし、この方針がその頃適応されていたら、即帰国するしかなかったわけ?

 

次男の友人でも

9月から州立大学へのtrasferが決まっているけど、もしオンライン授業なら

そこへ進学するか、考える、といっている子やら

(それはあくまでも、オンラインだと本来の留学の醍醐味が味わえない、という意味でした)

国からの奨学金(飛び立てジャパンとかかな?うちの時はなかった制度・・・)ももらっているけど、

その場合,危険地域2以上の地域に行く場合は

支給されないらしく、だからアメリカはダメなわけで

もし次のセメスターも オンラインだったら 学費のこともあるから

休学にしようかな、

と言っている子など

みんな不透明な先行きのために 色々思い悩んでいるときに

こんな発表・・・

 

びっくりして上海の同級生ママに連絡したら・・・

何と!もっとすごいことがわかりました・・・

 

彼女の娘さんは

政府のチャーター機の順番を待っていたけど 連絡がなく

自費で日本経由で上海に戻ったのですが、

チャーター機へ乗れることが確定していた留学生たちが

空港へ行って、まさかのそのキャンセルを知る、

ということがその時期起きたんですよね。

一度許可されたフライトが米政府から取り消されたらしい・・・・

 

そのあとのことは私も注意していなかったのですが

在留している大勢の中国人留学生たちは

帰るに帰れない、でもこの方針により

残ることもできない、

という状態に陥ることになりそうだ、

と同級生ママ。

 

そんな中、 米中間の飛行機の往来が8月から

再開するそうなので、留学生たちは徐々に帰れるだろう、

ということ。

 

そんなことになってるなんて・・・

 

早く彼らが帰国できることを祈ります。

 

 

それにしても、我が子たちは

帰ってきていてよかった、と話しました。

 

ショッキングな話でした・・・

 

コロナ、国際関係、自然災害と

いろんなことが一気に襲ってきている今。

 

まさに、各人の心のあり方が問われているような

気がします・・・

 

もうこれくらいのことしか

言えないです・・・

 

おそらく、誰もが、生きてきて

初めての経験の中にいますよね・・・

 

 

 

 

 

ランキングに参加しています。クリックしていただけるととても嬉しいです
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

最後の留学生となる

英語Terakoyaです。

 

ここ数日の、アメリカでの暴徒による略奪、強奪、破壊行為。

目を覆う惨状ですね。

 

人種差別は根深い問題で、

ほぼ単一民族に近い日本人には理解できないようなものだと思います。

 

4年間をそこで過ごした次男は、

racismについて学ぶとともに、自らも体験してきました。

だから、いろいろな立場からの考え方を聞いて

「なるほどね〜」

と先日も話をしました。

例えばアフリカの人たちが、アメリカの黒人をどう思っている、とかなんていう話とか。

あとは、ヒスパニックやアジア系に対しても人種差別はあるわけで・・・

実際嫌な思いも何度もあったようです。

キャンパスの中はdiversityを掲げ、世界中から留学生も集まってきていましたから、そういうことは少なかったようですが。

コロナ拡大から、特にアジア系への暴力行為などひどくなっていたので、都会にすむ彼の友人は、実際怖い目にあった、とか。

 

なくならないコロナウイルス。

これによって、留学がこれからは、これまでのような感覚で選択できるものではなくなってくるように感じています。

そして、今回のこの暴動とも言える状態。

これからアメリカはどこへいくのでしょう・・・

私が、

「留学を満喫できる、最後の学年だったかもね。」

と言っていたのですが、それを受けて

「本当に、最後の留学生になるかもしれんな。レジェンドとか?(笑)いいときに留学できて良かった。もう、今、そんな戻りたいとは思えない・・・」と。

失業率も失業申請もすごいですものね・・・

 

留学の醍醐味は、キャンパスで、人種や文化を超えた学生や、教授たちと色濃く交わり、リアルの交流でしか決して味わない体験をすることです。

それがオンラインに変わってしまったら・・・・

それならMOOCやcourseraなどで、海外大学の授業をオンラインで受けれますから、それでいいのでは?と思ってしまいます。

実際、彼の友人も夏から州立大学にtransferするようですが、それがオンライン授業だったら、進学自体を考えると言っているようです。

 

そして、今朝、上海の友人から届いたのは

アメリカが全ての中国便の運航をストップ、という記事。

 

コロナに、暴動に、米中冷戦化

数ヶ月前、誰がこんな世界になると想像できたでしょう・・・

 

コロナウイルスは、世界が一つの方向を見て、協力するためにきた、なんて

言われたりもしているのに、

真逆の方向へ向かっているとしか思えません・・・

 

次回開催予定です

英語Terakoya コミュニティ 第26回

日時:6月9日 11:00-12:30(Japan Time)

場所:オンラインで開催(ZOOMでやります)

*英語Terakoyaコミュニティについてはこちら

*申し込み締め切り 前日6月8日~12:00)

じゃ、参加してみようかな、という方は、こちらからお願いします。→🍀🍀🍀

*第1回の様子・感想はこちらから

*第2回の様子・感想はこちらから

<参加手順>とても簡単!

1. ZOOMをダウンロード!

2. 開始5分ほど前にリンクをお送りしますので、そちらをクリックして入室ください。

3. 途中入退場自由です。

何か質問や、日時をこうして欲しいなどのご要望などがありましたら、お気軽にお問い合わせくださいね

 


ランキングに参加しています。クリックしていただけるととても嬉しいです
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

これぞダブルのビックサプライズ!

英語Terakoyaです。

 

次男の大学の同級生、

中国政府が予約手配した留学生を連れて帰るチャータ機の連絡を待っていましたが、本来個人で予約していたフライトの日が近づいても連絡がなく、

結局、個人で予約したフライトで帰りました。

その日程のチャーター機は予約されていたにも関わらず、アメリカ政府からキャンセルされてしまい、寮を引き払って空港まで行った中国人留学生たちが途方にくれる、

という結果になったようです。

学生に罪はありませんよ・・・

彼女は日本の永住権を持っているので、日本に一旦入国して、日本から上海のフライトを待って戻ることができました。(現在各航空会社週1回、1路線しか飛んでいないので、なかなか予約が取れない)

そうでない子は、やはり中国からのチャーター機が飛ぶのを待つしかないのですが、先日のニュースで、

アメリカの大学院や研究職?などの、共産党と関連あるとみなされた3000人は国外追放になるとか・・・

アメリカに中国人留学生36万人もいるようです、どれだけのお金を落としてくれているのか・・・

とにかく米中関係、どんどん悪化していきますよね・・・

 

と話は逸れましたが、上海に入国してPCR検査を受けて、政府所定のホテルで2週間隔離中の彼女。

廊下に見張りがいるそう😅

そんな2週間を送る彼女に、

なんと、検疫の人からバースデーケーキとメッセージが届いたとのこと!!

 

ママが写真を送ってくれました。

そこには、メッセージカードと

防護服を着た検疫の人と、ケーキを手にした彼女が笑顔で写っています

 

いやいや、検疫もなかなか粋なことをするではありませんか

ある意味ダブルサプライズですよ。

 

そしてここでふと思う。

日本政府は、絶対に、入国後、空港界隈のホテルで2週間待機している日本人に、そんな粋なことしてくれないな

 

いやいや、上海検疫の粋な計らいと、彼女の笑顔に、心がほっこりしたひと時でした。

今日には彼女、隔離終了でママの元に帰れます。

アメリカから日本に入り、そこで何日か過ごし、さらに上海入国後2週間隔離、トータル20日間ほどの帰国の途、やっと終わりですね。

本当にお疲れ様、4年間本当によく頑張ったね

まずはママの元でゆっくりしてくださいね

 

 

次回開催予定です

英語Terakoya コミュニティ 第26回

日時:6月9日 11:00-12:30(Japan Time)

場所:オンラインで開催(ZOOMでやります)

*英語Terakoyaコミュニティについてはこちら

*申し込み締め切り 前日6月8日~12:00)

じゃ、参加してみようかな、という方は、こちらからお願いします。→🍀🍀🍀

*第1回の様子・感想はこちらから

*第2回の様子・感想はこちらから

<参加手順>とても簡単!

1. ZOOMをダウンロード!

2. 開始5分ほど前にリンクをお送りしますので、そちらをクリックして入室ください。

3. 途中入退場自由です。

何か質問や、日時をこうして欲しいなどのご要望などがありましたら、お気軽にお問い合わせくださいね

 


ランキングに参加しています。クリックしていただけるととても嬉しいです
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

子供はもう”こども”ではなかった・・・

英語Terakoyaです。

 

アメリカから帰国し、都内で2週間待機をして

ここに戻ってきた次男。

早いもので1週間たちました。

 

下の部屋にいるので、ご飯の時に現れます(笑)

卒業式の話になった時。

本来の卒業式は、バーチャルで行われます。そして

改めて9月に卒業式、という予定。

「けど9月も無理やと思うで」

「えー、残念すぎる」

「仕方ないやん。目の前のことやらなあかんし、そんなこと言ってても」

最後のセメスターの残り半分が全てオンラインに変わり、おそらく卒業式も絶望的、となった時の 彼らの落胆ぶりは半端なかった。

あれから1ヶ月以上経っているけど、切り替えていた。

切り替えられないでいるのは私?

「でも、もしかしたらできるかもよ〜。州ごとの判断だし。9月新年度になったら、末っ子のこと心配せずに、心なくいけるわ〜」

という私に

「おかあさんはあかんで。年なんやから、感染したら困るやろ!」

 

今はオンライン授業を受けたり、final examの時期なので、テスト勉強したり、テスト受けたり、就活関係のことしたりしている模様。

 

一方末っ子。

この人、もともとお家大好きなので

そもそもが常日頃から”自粛”傾向にあるので

”stay homeしましょう”

なんて言われなくても、苦もなくできる人、むしろ

”ちょっと外でたら”

というぐらい。

 

「ストレス溜まると また背中と肩の例のコリと痛みが出てきた。やばい中医がないと、これどうにもならないのに、どうしょう〜」

という私に

「なんで今の生活でストレス溜まるん?」

「え!?溜まるやろ。いつ戻れるのか、学校はどうなるのかもわからないのに。ストレスない?」

「ここの生活快適だし。(学校が9月新年度になろうが、今のままだろうが)もうどっちでもいいし。」

つまり、考えても、決まったらそれで行くしかないんだから、ということらしい

 

私の中では、子供はいつまで経っても”こども”なのですが、こんな二人の言葉に

彼らの成長を感じ、

そして

成長していない自分を感じるのでした・・・

 

当然上の二人からも

なだめられることが多いです・・・

 

成長のない母にできることは

美味しいご飯を作ってやることぐらいですね

次回開催予定です

英語Terakoya コミュニティ 第24回

日時:05月12日 15:00-16:30(Japan Time)*今回は午後です

場所:オンラインで開催(ZOOMでやります)

*英語Terakoyaコミュニティについてはこちら

*申し込み締め切り 前日5月11日~12:00)

じゃ、参加してみようかな、という方は、こちらからお願いします。→🍀🍀🍀

*第1回の様子・感想はこちらから

*第2回の様子・感想はこちらから

<参加手順>とても簡単!

1. ZOOMをダウンロード!

2. 開始5分ほど前にリンクをお送りしますので、そちらをクリックして入室ください。

3. 途中入退場自由です。

何か質問や、日時をこうして欲しいなどのご要望などがありましたら、お気軽にお問い合わせくださいね

 


ランキングに参加しています。クリックしていただけるととても嬉しいです
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

4月15日 羽田空港 検疫の様子 そして検査結果は・・・

英語Terakoyaです。

 

今回、ドミトリーにいれば安全なものを、わざわざリスクを冒して帰国させるに当たり、とにかく情報収集をしました。
(なんせ、退避生活で、時間だけはある、いや時間しかない?笑ですので)

 

入国者全員PCR検査になった当初は、

詰めて何時間もならばされる、とかずさんな検疫の状態がとにかく報道されました。感染もせずに戻ってきても、機内で何時間も待たされたりこういう列で感染するのではないか?

 

さらには、検査結果が出るまで、政府指定のホテルなどで待機、のところがそれが足りずに空港のベンチで毛布一枚渡されて二日間待たされた、

とか

最近では、成田空港で、避難所などで使われるダンボール製のベッドが並び、そこで待機する映像など・・・

有名なユーチューバーの方が、自らの帰国時の体験を赤裸々に発信されていたり

そのカオスな状態しか入ってこない・・・

 

ただ、4月に入り、徐々にもう少し配慮がされるようになって

・機内で待機

・機内より出るときも、”自宅”組が最初に呼ばれて、あとは何人ごとのグールプで降ろされる

・social distanceをとって並ぶ

・自宅へ戻る人の場合、検疫官が車までついてきて確認する

ちょっと驚いたものだと

・待機施設が足りないので、チャーター機で中部国際空港まで運ばれ、そちらで待機(多分その界隈の宿泊施設?)

・到着ロビーに出た時、迎えの人を待つのに、そこに滞留しないように、待機場所に移動させられる

などなど・・・

 

羽田への国際線の発着状況もチェック。早朝に何便か、そのあとは欧州・アメリカ便が午後同じ頃に到着。

次男は、長男の自宅で検査結果待機、なので”自宅組”

長男はレンタカーでピックアップに向かってくれました。

 

果たして、彼の入国・検疫状況はどうだったのか?

 

まず、搭乗後、ガラガラの機内の写真が。

「ガラガラなんだから ビジネス乗せてよ、と思うわ(笑)なのに、CAさんいっぱいおる」

そんなことしたら、ビジネスでみんな近くなるだろ!

 

到着後、機内で5分ほどしたら、”自宅組”も何もなく、全員一斉におり、なんと

到着後1時間後に

「今もう外に出たんやけど」

とチャット、え?????

「検疫官とか、誰も、車までついてこないで。」

え????公共交通機関で帰れる、ってまた、いつものゆるさ?

「待機場所とかないし」

え????

 

あまりにあっけなく出てきて驚くばかり。

 

出てくるまでに数時間かかるだろうから、到着から3時間後でも早いかもよ、と言っていたのですが、

長男は「いや、駐車場で待ってるから、早めに行くよ。15:30着なら17時ごろに行くわ」

と。

いやいや、結局、次男が長男のお迎えを待つ、という考えもしない事態に。

「会えたら電話してね」

と伝えておいたのですが、二人が賑やかに電話してきたのは、まさかの

17:30.

 

「もう部屋ついた!」

 

レンタカーの返却は20時までなので、間に合わないだろうな、と思い、翌日返却で借りてもらってたのですが、余裕で間に合うほど。

 

「今から買い出し行って、ご飯食べてくるわ」

「え?それは危ない。なんか買って家で食べて」

「いや、まあ、ささっと。人も少ないし」

「じゃあ、横に並んで食べなさい。(若者に無症状が多いというので、首都圏に住んでいる長男はわからない。次男は、周りに感染者がいない安全なところで暮らしているので その可能性はないと思うけど)」

「嫌だわそんなん。ゲイカップルやん、それ!」

「そうなん?中国人、よく横に並んで食べてるよ」

「中国人ちゃうわ!」

というわけで、中華を食べに行ったところ、誰もおらず、しかもラストオーダー寸前だった模様。

 

 

次男の帰国、いかにリスク回避をして戻れるか、ずっと情報収集していただけに、このあっけないほどの、通常時となんら変わらない速さに拍子抜けしましたが

とにかく良かった良かった・・・

これで夜、眠れそうです・・・

でも!

 

やはり検査結果が出るまでは、大丈夫とはわかっていても気になるもの。

陽性なら連絡が早く来る、と何処かで見たのですが、18日に

「陰性やったよ〜」

と連絡が来た時は安堵。

 

機内や空港では感染しなさそうな環境だったけど、ここからの2週間の待機生活の方がむしろ心配。

 

買い物の便利は良さそうなので、じっとこもっておいてください。

 

 

 

 

次回開催予定です

英語Terakoya コミュニティ 第23回

日時:04月28日 15:00-16:30(Japan Time)*今回は午後です

場所:オンラインで開催(ZOOMでやります)

*英語Terakoyaコミュニティについてはこちら

*申し込み締め切り 前日4月27日~12:00)

じゃ、参加してみようかな、という方は、こちらからお願いします。→🍀🍀🍀

*第1回の様子・感想はこちらから

*第2回の様子・感想はこちらから

<参加手順>とても簡単!

1. ZOOMをダウンロード!

2. 開始5分ほど前にリンクをお送りしますので、そちらをクリックして入室ください。

3. 途中入退場自由です。

何か質問や、日時をこうして欲しいなどのご要望などがありましたら、お気軽にお問い合わせくださいね

 


ランキングに参加しています。クリックしていただけるととても嬉しいです
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ