APITAのお肉屋さんの心遣い

英語Terakoyaです。

またまたAPITAお肉屋さん情報?

対面カウンターで量り売りをしてくれるのですが・・・

こちらにきて何がいやかというと、日系スーパーのお肉、トレーに100グラム、とか200グラムとかちょこんとのっていていて

何ともさびしい

我が家は人数も多かったので、いつも大きなパックを買っていたのです。

500グラム(別に多くはありませんが)を頼める快感

すると、もっと感動したのは、3個ぐらいにラップでわけてくれたものをトレーに入れて
さらにラッピングをしてくれたのです。

めちゃくちゃ細やかな心遣い!

日本で買っても、500Gにはどんとそのままはいっているわけで、それを分けて冷凍する、

というのは自分でやらなければいけないわけですよ。

なのに、ここ上海でこんなサービスがうけれるとは 

そうかといってほかの日系スーパーよりお高いのかというと、決してそんなことはないように思います。

売り場のおにいさんの押しはつよいけれど、でも彼、上手に日本語話しますよね。

「ああ、私もあのお兄さんみたいに中国語しゃべれるようになりたい!」

というと

「いや、あの人、中国人だから」

と主人。

「そうじゃなくて、そりゃあ外国人が喋るちょっと変な日本語だけど、ああやって産地の説明までできるような、かれが日本語をしゃべるように、私も中国語しゃべれるようになりたい、ってこと!」

アピタのお肉コーナーのまわしものではありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。