また取り残された感・・・Zoomの中の私

英語Terakoyaです。

 

非常事態宣言解除になって、やく2ヶ月ぶりに大阪まで行ってきました。

電車の中で、中高生をたくさん見かけました。

「あ〜、学校始まったのね」

退避帰国して1ヶ月ほどは、ひたすら家に引きこもり、周りは学校があったので

何だか末っ子かわいそう、と思っていたのですが、

3月から今まで日本の学校も休校になり

”みんなで休校”

じゃないけど、”自分だけ”という感じはなかったのですが、また日本の学校は始まり

取り残された感・・・を感じているのは、私だけで

本人は、全く問題ないようでした

”何も問題ない”と・・・

 

彼女の学校も、始まっていて、日本にいる生徒たちは、Zoomに映し出されるクラスの様子を見ながら、参加、みたいな形です。

つまり”Zoomの中の私”

この前なんて、なぜか彼女はフリーズしたようで、先生の話も聞こえないし、始まらない、と思っていたら、終わっていた、という

ただ、そんな彼女に、一瞬の変化が!

 

それは、”9月再開未定”がわかった日。

「学校で授業受けたい、というのとは違って、”通学”ということをしたい〜」

とつぶやきました。この日、彼女は、コンビニにプリントアウトに行って(未だプリンター買ってないので笑)高校生が制服着て歩いているのを見たんですよね。

 

でも次の日にはけろっとしていましたが。

 

今となっては、タイミングよく上海に戻って、だけど2週間隔離して、それから学校再開で学校に1ヶ月半だけ通学して、またいつ始まるかわからない夏明けを待つ、という事態になるより、

帰れないで日本にいて、でももう今のリズムのできた中でやっていく方が、子供にとっては良かったのかも、と思ったりもします。

これから入試要項一つ取り寄せるにも日本にいたらなんの問題もありません。

上海での学校生活は、マスク着用、だけど冷房は使用禁止なので、水分を多めに持参して、というようにかなり大変そうなんですよね・・・

日本の夏以上に暑い上海なのに、7月もそれを続けなければならないとしたら、地獄でしかありません・・・

人間万事塞翁が馬・・・

次回開催予定です

英語Terakoya コミュニティ 第26回

日時:6月9日 11:00-12:30(Japan Time)

場所:オンラインで開催(ZOOMでやります)

*英語Terakoyaコミュニティについてはこちら

*申し込み締め切り 前日6月8日~12:00)

じゃ、参加してみようかな、という方は、こちらからお願いします。→🍀🍀🍀

*第1回の様子・感想はこちらから

*第2回の様子・感想はこちらから

<参加手順>とても簡単!

1. ZOOMをダウンロード!

2. 開始5分ほど前にリンクをお送りしますので、そちらをクリックして入室ください。

3. 途中入退場自由です。

何か質問や、日時をこうして欲しいなどのご要望などがありましたら、お気軽にお問い合わせくださいね

 


ランキングに参加しています。クリックしていただけるととても嬉しいです
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

HPを見て唖然、どうなる学校再開、衝撃の発表!

英語Terakoyaです。

 

上海の日本人学校、6月から順次開校と決まりました。

なのに、昨日HPに

当局の要請により夏休みはローカルの学校に準ずることになった、と!

通常6月の終わりから夏休みのローカル。それが夏休み開始が7月に入ってから、というのは、休校の影響で遅くなっているのでしょうが、

日本人学校にしたら真逆ですよ!

例年7月20日ごろから休みなのに、それよりずっと早くから夏休みに入れと!

さらに驚くのは

9月再開日未定

の衝撃!

下手したら無期限夏休み?

これは私の予測ですが、このところ上海ではないですが、他の省で生徒の集団発熱が起こっているんですよね、

だから、中国の場合は、それがもはや第何波か知りませんが、その辺の状況を見極めて、ということなのでしょう・・・

 

でももうこれでスッキリしました!

学校の方は、さらなるオンライン授業の準備をしているようなので、

あとは大学の入試要項が発表になったら、必要な書類を学校にいって、準備していくだけです。

どのタイミングで上海に戻るんだろう、下手に戻っても、今度は入試で戻れなくなったら、と考えなくても良くなったと言えそうです。

 

しかし、どこまで振り回されるんでしょう・・・

 

共通テストの初年度になる、と知ったのが小学校高学年の頃、去年の秋、英語民間試験の利用はしない、さらにそのあと、記述式の実施も延期、そしてコロナによる休校からの 挙げ句の果てには9月入学?論争

かたや上海では1月下旬からず〜っと休校、6月に開校になると思ったらその1ヶ月後には夏休みでしかも再開日未定

 

日本国内の事情に振り回され、中国の政策に振り回されダブルパンチですよ。

休校が長いから、とテレビで言っている人をみると、

「うちなんて1月末からずっとだし・・・ええやん、日本は再開してるんだし」

と心の中でつぶやく私。

 

日本の夏休みは2週間ぐらいになるとか。

それに反して、例年3週間の夏休みが1ヶ月半以上となる上海の末っ子の学校・・・

そこで思い出すのが次男が中高4年半通った母校

もともと2週間ぐらいしか夏休みがない学校。補講にお呼びがかかろうものなら1週間しかない、という生徒もいました。

なら、今年は、夏休みなしなのか?と余計な心配をしてしまいました。

当局の通達はいつも突然、いや突然するギルだけでなく、その内容も衝撃的すぎる・・・

来年の卒業式すら危惧される・・・

今年の次男に続いて、末っ子も卒業式無しになるのか・・・

 

はい、これで夏服と制服、この週末に主人に準備してもらうのは決定ですね!

出願書類は取りに行かねばならないはず。ということは、主人に行ってもらうことになるかな。

四人目にして、初めて、子供の入試に何か関わる行動をとるのね、彼(笑)頑張ってもらいましょう (四人もいても、今まで一切入試に関わってきていませんので、最後ぐらいいいでしょう

 

スッキリしたものの、あまりに突然でまだまだ面食らっておりますが、明日はちょっと気晴らしに行ってこようと思っていたので

ちょうどいい😎

次回開催予定です

英語Terakoya コミュニティ 第26回

日時:6月9日 11:00-12:30(Japan Time)

場所:オンラインで開催(ZOOMでやります)

*英語Terakoyaコミュニティについてはこちら

*申し込み締め切り 前日6月8日~12:00)

じゃ、参加してみようかな、という方は、こちらからお願いします。→🍀🍀🍀

*第1回の様子・感想はこちらから

*第2回の様子・感想はこちらから

<参加手順>とても簡単!

1. ZOOMをダウンロード!

2. 開始5分ほど前にリンクをお送りしますので、そちらをクリックして入室ください。

3. 途中入退場自由です。

何か質問や、日時をこうして欲しいなどのご要望などがありましたら、お気軽にお問い合わせくださいね

 


ランキングに参加しています。クリックしていただけるととても嬉しいです
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

そろそろ上海から第2便を送ってもらうか悩む・・・

英語Terakoyaです。

退避生活も今日で5ヶ月目突入!

『なかったらそっちで買ったらいい」
という主人の言葉に ありがたく従わせてもらい

気づくと
服だけでなく、バックに靴、日傘までも、上から下までおニューな私。

しかし、流石にね〜・・・

被らないものは買ってるけど・・・

 

少し前に合物を送ってもらったけど、
もう半袖必要!

また送ってもらうか、飛行機の減便もまだまだ続くようだし。

末っ子に至っては
「もうそろそろ制服送ってもらうか!」(面接用の

などと申しております。

いやいや、それさえ冗談にもならないわ。

とにかく、夏服やサンダル、送ってもらうかなあ〜、とりあえず、ちゃんと着くことが 前回で確認取れたし(笑)

次回開催予定です

英語Terakoya コミュニティ 第26回

日時:6月9日 11:00-12:30(Japan Time)

場所:オンラインで開催(ZOOMでやります)

*英語Terakoyaコミュニティについてはこちら

*申し込み締め切り 前日6月8日~12:00)

じゃ、参加してみようかな、という方は、こちらからお願いします。→🍀🍀🍀

*第1回の様子・感想はこちらから

*第2回の様子・感想はこちらから

<参加手順>とても簡単!

1. ZOOMをダウンロード!

2. 開始5分ほど前にリンクをお送りしますので、そちらをクリックして入室ください。

3. 途中入退場自由です。

何か質問や、日時をこうして欲しいなどのご要望などがありましたら、お気軽にお問い合わせくださいね

 


ランキングに参加しています。クリックしていただけるととても嬉しいです
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

今年の高3ほど大学付属高校に進学しておいてよかったと思う学年はないでしょう

英語Terakoyaです。

いきなり降って湧いた9月入学議論にやきもきすること1ヶ月以上?

昨日のYahoo!ニュースに
「9月入学は 見送り 政府・与党方針」
とありました。

ちょっと一安心。

そもそも、経済や医療体制の拡充などの どちらも”人命”に関わる問題が
何よりの最優先のこの時に

社会全体に影響及ぼすような9月入学を 同時に推し進めるには
無理があるというもの。

このウイルス対策への政府の対応を見ていて、
そこまでの余裕がある、と誰が思いますか?💧

そしてでてきた案にも唖然
0年生とか6.5年小学生をやるとか、
もうねえ・・・

そもそも利点としてあげられていることが

”留学がしやすいし、留学生を集めやすい”

ということ

 

いや、これもちょっと待ってください、ですよ。

現在各国が外国人の入国拒否・制限をしている中

(シンガポールは7月から外国人入国可能になるようですが)

今までと同じように、留学できると思っているのでしょうか?

このウイルスが落ち着くのに数年かかるというなら、今までと同じような留学ができるには やはりそれくらいかかる、と考えるのが自然なのでは?

 

もうね、こんなウイルス拡大の世の中で、我が子が異国にいると、その心配は尋常じゃないですよ、尋常じゃありませんでした。

帰国させるのか、帰国させるならいつ、どうやって?成田や羽田でのあの何時間待ちの検疫の列や、結果が出るまで空港で下手したら二日も待つのか?など

状況を見極め、フライトの状況も見極め、

いざ入国しても、そこから2週間都内で待機(自費ですが✊)の間は、帰国途上で感染してないよね?とドキドキし、

都内から移動して戻ってきても、その後1週間ぐらいは、移動で感染してないよね?と心配し・・・

 

日本も大学によっては9月入学導入のところも増えています。

アメリカの大学なら夏入学と1月入学は標準ですし。だから、日本の大学も、全部4月入学と9月入学にしてしまえば、グローバルスタンダードになっちゃうわけですよ

要は、選択した教科を1年間学ぶ、というのをやめにして、欧米のようにセメスター制で、セメスター毎に科目を選択、に変えれば、カリキュラムの混乱も起こらない。

教える側がそこは調整すれば良いこと、と思いますが。

少しの柔軟性を持てば、解決することなのではないかなあ、と。

 

とこれは私見ですが、とにかく私の関心は

「今年の入試どうなるのよ?早く決めてよ!」

これだけ(笑)

 

文科省は、入試の時期を1,2ヶ月遅らせることや、AO/推薦(今年からは呼び名が変わりますが)はweb面接やプレゼンテーションなどの方法をとるなどして、というような要望を出しているようですが。

 

通常ならそろそろ募集要項を出す大学も、今年は少し遅め、というか決められないですよね、こんな状況では。

 

先日、大学の入試センターの方と、web質問セッションをしたのですが、

例えば、推薦出願の条件として、リーダーシップをアピールしたいときは

「生徒会長」「委員長」を務めた

などがあるらしく(うちは関係ないです笑)

「高校の方から、今年はこんな状態だから(つまりそんなものも決まっていない)どう判断したらいいのですが、などの 色々なお問い合わせもいただいています」

とお困りのようでした。

 

第2波は高い確率でくる、と言われているのに、1,2ヶ月遅らせる、って・・・

そもそも”共通テスト”に関しても、何も聞こえてきませんよね?共通テストを受ける方がは気が気ではないと思います。(うちは関係ないです笑)

 

とにかく世論に、いい意味でも悪い意味でも流されやすく、結局そのとばっちりを受けるのは 現場の庶民なのですから

政府には確固たる軸を持って、そして何事も期限を明記して、何かを発表するならして欲しいです。

この件の最終決定は”夏をめどに”、を見て唖然。。。

 

今の高3生ほど、大学附属高校に進学しておいてよかった、と思う学年はいないでしょう・・・実際周りはそういう子、多かったです。

 

と、まだもやもや続く・・・

次回開催予定です

英語Terakoya コミュニティ 第26回

日時:6月9日 11:00-12:30(Japan Time)

場所:オンラインで開催(ZOOMでやります)

*英語Terakoyaコミュニティについてはこちら

*申し込み締め切り 前日6月8日~12:00)

じゃ、参加してみようかな、という方は、こちらからお願いします。→🍀🍀🍀

*第1回の様子・感想はこちらから

*第2回の様子・感想はこちらから

<参加手順>とても簡単!

1. ZOOMをダウンロード!

2. 開始5分ほど前にリンクをお送りしますので、そちらをクリックして入室ください。

3. 途中入退場自由です。

何か質問や、日時をこうして欲しいなどのご要望などがありましたら、お気軽にお問い合わせくださいね

 


ランキングに参加しています。クリックしていただけるととても嬉しいです
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

Zoomやりすぎ?第25回英語Terakoyaコミュニティ 報告

英語Terakoyaです。

 

昨日は一歩も家から出ないのに、とても忙しい一日。

ズームセッション、昨日は4つ、時間にして5時間弱!

さらにyoutubeでヨガとエクササイズ

 

セッションは,

語り合ったり、あとは大学に入試のことで質問したり、瞑想法のクイックレクチャーを受講したりなどなど、みのり多い1日でした。

家にいて、これだけの体験できる世の中、ものすごい変化ですよね。

 

さて、昨日早いもので英語Terakoyaコミュニティも25回目!1年以上続いています。

 

そんな中、参加者の方、コミュニティの最中に、ご自身で迷いを口にされ、やっぱりこれは捨てます!と決断。

”捨てる勇気”

を見事実行!コミュニティの後、いつもこの2週間の目標をメールでシェアするのですが

「ちゃんと捨てることできました」と素早い行動の報告が!

素晴らしい

 

人間のこころ、パソコンに例えるとわかりやすいと思うのですが、

いろんな情報をどんどん詰め込んでいくと、重くなって作動が遅くなりますよね。

人間の心も一緒。

だから、”今本当に注力したいこと”に集中して、その効果を上げるためにも、”捨てる勇気”を持つこと。

とりあえず捨てても、次、まだやりたかったらまたやったらいいのですから。

 

いつまでにこれをやっておきたい!と考えると、自ずと、自分の中で取捨選択が働くと思います。

 

参加者同士で、思いを語り合ううちに、自分の気持ちがはっきり見えてくる。

人はうまく”傾聴”してもらうと、自分で自ら答えを出していけるようです。

その”傾聴”というのもまた難しいのですが。傾聴はアドバイスをすることではなく、その人の思いを引き出してあげて、聞いてあげて、そしてその人が自ら決めていく、その一連を流れを導くもの。

コミュニティの仲間、傾聴してくれますよ。

いつでもご参加お待ちしています

次回開催予定です

英語Terakoya コミュニティ 第26回

日時:6月9日 11:00-12:30(Japan Time)

場所:オンラインで開催(ZOOMでやります)

*英語Terakoyaコミュニティについてはこちら

*申し込み締め切り 前日6月8日~12:00)

じゃ、参加してみようかな、という方は、こちらからお願いします。→🍀🍀🍀

*第1回の様子・感想はこちらから

*第2回の様子・感想はこちらから

<参加手順>とても簡単!

1. ZOOMをダウンロード!

2. 開始5分ほど前にリンクをお送りしますので、そちらをクリックして入室ください。

3. 途中入退場自由です。

何か質問や、日時をこうして欲しいなどのご要望などがありましたら、お気軽にお問い合わせくださいね

 


ランキングに参加しています。クリックしていただけるととても嬉しいです
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ