4声で思い出したこと

英語資格~TOEIC・TOEFL・英検~であなたの未来を拓く
英語 Terakoyaです.

中国語テキスト開始しましたが、

ここが一番大事で難しい!と言われている4声が一番最初にもちろん来ています。

そのあと母音,子音・・・

解説を見ながら、CDをきいて声に出して・・・

「エ」の口の形で「オ」という

とか。。。。

そんなことをしていると思い出したのが

去年一年大手進学塾で小学校5,6年生に英語を教えていたころのこと。

フォニックスの導入からするのですが、

やりましたよ、やりましたよ、

「o]は口をたてに大きく開けて、「ア」というのよ~!
「オ」じゃないよ~!

などと。

その時の子供たちは、こんなぎこちない感じでやってたんだなあ、と感じています。

そろそろ夏休みで塾は夏期講習が始まります。

そうすると通常授業時間割とは変わってきます。

そんな中で一日3校舎掛け持ちを頼まれ、芸能人のごとく、分刻みの移動で電車に飛び乗っていた日々・・・

1年後にまさか、その時のこどもたちよろしく、中国語を勉強しだしているとは

人生何があるかわかりません、だからこそ、、毎日を大事に生きなければいけませんね。

さ、今日はレッスンが2コマあります。

一人は今日が最後の方。

また一つお別れです。

さて、明日は英検2次の合否発表。

良い知らせを聞けますように


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。