香港駐在時代にはできなかったこと始めました!

英語Terakoyaです。

香港駐在時代、住み込みのあまさん(あいさん)がいたにも関わらず、

ジムに行くほかは、通訳ガイドの勉強や日本語教育能力検定試験の勉強などして

特にほかに何もしていなかった私。

(でもここで勉強していたことがのちのち、今に至るまで役立っています

というか末っ子5か月で連れて行ってるので(正確には1か月でいったのですがね )まだまだ手がかかったし

(あまさんに全部をまかせるわけではないので。自分で3食作っていましたし、もちろんお弁当4個も私が作っていました。

彼女にやってもらったのは掃除、洗濯、それから末っ子をプレイルームに連れて行くのと、
上のこたちのサッカーや水泳、塾の送迎

もちろん、それも私と手分けしてでないと回りませんでしたし。

人数いたんであせる

香港では12歳以下の子を一人で家に置いておくのは犯罪でしたし)

0歳から10歳の子供4人いると、常に誰かしらの行事や用事があるわけで、定期的に出かけていくことをする気にはならなかったのです。

というわけでまったく香港らしいことをせずに帰国した私。

でも今回は、あいさんはいないけど、というより、中高生二人だと雇う必要ないですし、

中國らしいことをやってみたい、と思っていました。

というわけで太极拳を始めました!

週2回、1時間半、中国人の先生に指導してもらいます。

今まで、バレーボール、テニス(コーチもしてました )、そしてジムで走る!という激しい動きのものしかしてこなかったので

インナーマッスルを鍛えてくれそうなあの動きにトライしてみたい、という思いがありまして。

さあ、型が覚えていけるのかどうか

とても覚えれそうにありません。

初心者は私だけなので、早めに来て、足の動きや基礎を教えるから、と先生。

よけいに、覚えられなかったらどうしよう、という焦りが。。。。

動の運動ばかりしかしてこなかったので静の運動もよいなあ、と思った初回でした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。