韓国人と中国人が日本語で喧嘩するとこうなった!

英語Terakoyaです。

末っ子、現在、予備校と語学学校の受付のバイトを掛け持ちでしています。

ある日、語学学校のグループラインで強烈なやりとりがされたようです。

韓国人の先生と中国人の受付の、いわゆる揉め事。
最初は個人チャットでやっていたようですが、片方がそれを無視しだしたので
相手が怒って、そのスクショをグループラインへ投げ、
そこから そこで強烈なやり取りをしだしたと!

それもめっちゃ長文!

日本語は二人とも問題ないのだと思います。
だけど、感情も高ぶると 言葉のチョイスが それぞれが不適切な部分が露見し、
相手の感情を逆なでする一方で、事態はますます険悪に...

それを見せられてる、他のスタッフや先生たちもたまったもんじゃないです。

末っ子、
「え、これ、めっちゃおもろいんやけど、と思って見てた(笑)
だけど、これ、英語のネイティブの先生たちも見てるから
”え、何事?ってびっくりするよね、ええ迷惑やわ」

というので
「分からへんやろ、見ても」
「確かに」

しかし、これ男同士の喧嘩ですか?とてもそうとは思えないドロドロな...
思わず、見せてもらった私(趣味悪っ!でもあまりに末っ子がいうので)

結局どんなに流暢に話せても、所詮母国語ではないから
込み入ったことになると 微妙なニュアンスの違いで 話は
とんでもない方向に流れていく、ということです。

韓国語の先生、普段はとても優しくて丁寧な先生だそうです。
もう片方に、まあ、誰が見ても問題があるわけですよ、私が聞いても。

社長もそれをも見ているはずなので、言葉丸くおさまることを願います。

外国語って難しいですよね

 

英検準1級を持っているというのは名ばかりで
ネイティブの先生に連絡するとき

「ね、これでいい?」「これ訳して」
など、私や次男にラインしてくる末っ子。

それくらい、自分でできるでしょ!?

「お母さん、一緒に働く?講師も募集してるよ。」

「結構です」

 

喧嘩じゃないけど、上海で 韓国人のビジネスマンに 日本語を教えていた時に
そのかたと 中国語で話しながら 教えていたことを思い出します。

どう考えても不自然ですよね(笑)

ランキングに参加しています。クリックしていただけるととても嬉しいです
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ


←英語資格のオンラインレッスン始めました

 

 

 

←おすすめのオンライン予備校を紹介しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。