英語指導は2分される?

英語Terakoyaです。

日本で英語講師をしていたとき

いろいろなスクールで教えたり、

その中で色々な話も聞いたりして

英語講師のクラス運営法は

大きく二つに別れるのだなあ、

と思います。

 

一つ目は、

某大手英会話スクールなどは、

研修で講師にスクールのやり方を叩き込むようです。

 

この教材はこのように使って

それこそ10時スタートのレッスンであれば

10時10分には、「○○○」と

しゃべるフレーズまで決まっているとか叫び

 

二つ目は、

教材とシラバスは決まっているけれど、

あとは生徒様情報を

きっちり渡してくれて、

お任せします、

というスクール。

 

こちらは講師の裁量が問われますし、

準備や研究も自分で怠り無くしておく必要が

常にあります。

その分、募集時の応募条件が

やはり高いです。

 

私のお世話になっていたスクールは全てこちら側。

 

私は、前者のようなところは無理ですあせる

機械じゃないし、

それに、クラス運営は生徒様の様子を見ながら

初めて的確に進められるような気がします。

 

さらにプライベートレッスンの場合は、

様子を見ながら、必要とおもわれることを

やってください、と言われているので

自分が今この方に必要

と思うものを取り入れながらできます。

 

また短期集中講座の場合は、

その生徒様にお教えするのが

一日とか二日だったりするので

初対面でいかに、それぞれの方の

実力と性格、

さらにはそのクラスの雰囲気(これが実に

様々で、またこの雰囲気というのが結構

重要なのです)

を把握しながら、

クラス提供するかというのは、

本当、そのときそのときが

勝負な感じです。

 

前者のスタイルのスクールにいた先生が

それがいやで、

と私のお世話になっているスクールに来られる方も

いるようです。

 

そしてそれに馴染んで続けられる場合と、

やはり、そのときどき、

クラスの状態で臨機応変に

内容を提供していくことに慣れていなくて

続かない場合、両方見てきました。

 

逆に自分が生徒だったら・・・・

 

やはり、自分のレベルに合わせて、

弱点を補強しながら、目的達成も

念頭に置きながら柔軟に教えてもらいたいなあ、

と思います。

自分にあったレッスンを提供してくれるところを納得いくまで探すべきだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。