英語学習遍歴番外編。

英語Terakoyaです。

ただいま中国語に悪戦苦闘中の私ですが、

実はこんな資格ももあっています。

日本語教師!

英語学習ではないので番外編と

かきましたが。

 

資格をいろいろとっていた時期のことです。

 

香港駐在中に、香港人で

ご主人が日本人という友人ができました。

日本語はカタコトです。

 

一方私は赴任前に数ヶ月、日本で

中国人の先生に広東語を習っていました。

 

彼女の提案でlanguage exchange

することになりました。

 

そこで初めて日本語を教えることに。

日本人だからネイティブだから

教えられるだろう、と甘い考え。

 

文法への体系的知識が必要とされるのを

痛感しました。

 

例えば助詞の使い方。「は」と「が」

の使い分け。

「え~、こういう場合は、「は」を使うの。

「が」がなぜだめかって?

だってへんだから」

なんていうのは、日本語の語感をわかっている

日本語ネイティブにしか通じません。

 

 

当時、日本に帰ってから仕事=再就職

に繋がるような

ことを、何か今のうちに勉強しておきたい、

でもそれがなんなのか?

とずっと模索していた私。

 

ちびを通じて出来た外国人のママ達に

「日本語を習いたい人、習っている人、

先生を探している人、沢山いるわよ。

教えてたらいいのに」

と言われました。

 

しかし、香港人の友達に日本語を

教えながら、不甲斐なさを感じていた私は、

「ちゃんと日本語の教え方を

学んでみよう。日本語を学習したい人たちも

いるのだから、日本に帰ってからからも

仕事につながるかもしれない」

と。

 

しかしそこは香港。

結局、アルクの通信講座で勉強を開始。

テキストがたしか24冊もあり、

内容も初めて見るようなものばかり。

「音声学」なんて、口の中の絵が書いてあり、

リスニング教材までありました。

 

難しかったのですあせる

そこから、日本語教育能力検定試験に

合格するまでは次回に書きますね。

ちらものぞい見てみてくださいね
↓↓↓

 Terakoya's community


にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。