自己満足

英語Terakoyaです。

先生の

「真題集のほうが簡単よ」

という言葉を信じ、やってみました、1つ目。

が~ん!!

リスニングの語彙、こっちのほうがうんと難しいし

選択肢も、模擬テスト集のほうは読まれた語句がならんでいるけど、こちらは、それを言い換えたものもある。。。。

なんだか靄に包まれた中、リスニングしたかんじで、なんとなく聞き取れた意味を頼りに選ぶ、という感じ。

が、7割とれた!
(これは、我慢して、ある一定時間、わからなくてもとにかく聞く、というジムでの強制リスニングの効果か

そしてリーディング。

いつも諦めていている第一部分が、カンがさえわたり、結果全体で8割!

長文もやはり、リスニングと一緒で言い換えた選択肢が多かった

そして、両方に共通して言えるのは、

選択肢の中にまでやたら、日本でいう四字熟語が出てくる

とにかく選択肢が言い換え、ということは、本当に意味が分かっていないと正解できないわけですよ。

この過去問集のほうがむずかしいではないか!

明日先生に訴え来よう・

そして、また困ったこと発見

かんが勝負の第一部分、模擬問題集と違って、解説がついてない!

これはレッスンで解説してもらわなくては、あと写作も添削してもらわなくては。

かんがさえて正解していても、

“なんとなく変”とか‘ほかのは間違ってなさそう”

程度の理由で選んでいるので、間違いがはっきり特定できないのです~

先生は

「かんも一種の才能よ」

なんていうけど、これはいつも発揮されるわけではないし、まったくもってあてになりませんね。

もっとも、中国人のこういう緩いところ、すきなんですけどね

新しい先生は、心配性の私とは正反対の人。

だから、いつも授業が終わるころには、

「どうにかなるか」「ま、いいか」

みたいな

さて、晩御飯をつくって、今日はピアノレッスン。

その間に、さらに、今日やったリスニングスクリプトの単語を調べよう。

今日はとっても勉強した気分。

だって、明日はたのしみな約束があるから、今日は頑張った

完全自己満足です

実際は、とにかく過去問解いて、遠い目になってしまいました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。