自分と向き合う時は、だれしも必要

英語Terakoyaです。

就活のエントリーシート、ってなかなか書くのが難しいものです。

徹底した自己分析をしてからでないと、芯の通ったことがかけない、ぶれる、それる、になってしまいます。

アメリカ大学出願のエッセイと同じです。

やはり、エッセイを書く前に徹底的な自分の洗い出しをしましたね。

 

人生、時として、自分と向き合うことが必要です。

出願、就活もそうですが、社会人になってからも転機に立たされたとき、とか。

自分と向き合う作業はきついものです。でも、それを避けては

やはり前に進めない時がだれしも来ると思います。

 

長男はエントリーシートを頭をうんうん言わせながら書いているようです。

が、今までの自分を振り返りながら自問自答するこの作業、大変ですが、

エントリーシートを書くだけでなく、その先、面接で必ず生きてきます。

だって真剣に考えてなければ、違う角度から聞かれたりしたら、しどろもどろですからね。

新卒面接をした経験のある主人にいわせると、

「きかれたことにまっすぐこたえない。多分一生懸命おぼえてきたことへ、質問を何とか関連付けようとしているんだな、というのが一目瞭然」

だそうです。

とにかくこの厄介なステージを避けては先で困ることになるので、うなりながら頑張ってほしいものです。

という私も、これからの母としての役目とはほかに、

今後いかに、なにをしていきていきたいのか、ということを考えるときに来ているように思います。

私も自分に向き合う時だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。