素敵な人達との充実した時間

英語Terakoyaです。

日曜日は金融機関はお休み、次男は1日バイト、で、何も進められないので

2人の素敵な方々が橿原まで来てくださいました。

一方の方が私の紹介でもう一方の方にお仕事を依頼した、という経緯もあり、顔合わせでした。

2人とも、"社会貢献"をキーワードに、お仕事をされている素敵な方。

 

お二人に共通しているのは、"心がある"ということ。

 

全ての基本はそこだと思います。

そうすると、自然とひとが自分を探して、仕事の依頼がくるようになるんですよね。

商工会など公的機関からの仕事をいまや中心にされている方が、

私の帰国後の仕事プランをとてもリアルに提案してくださり、恐縮してしまいました。

 

早く帰ってきてくださいよ、と。

このところ、子供の進学や、今は自分たちの家探しなどに追われ、数年後のビジョンをえがく余裕もなくなっていました。

が、こうやって現役バリバリのお二方とお会いして、シャキッとしなきゃ

とおもった1日でもありました。

もう一方は、家に着くと同時に、大手の会社から、注文依頼が三件も入ってびっくり!

 

私は彼女のアゲアゲだそうな( ̄▽ ̄)

素敵なお二人の話に同席させてもらい、そろそろ、本当に、エンジン稼働させなければ、と思いました。

駅から主人の実家の間の公園に桜があります。

その満開の桜の木の前で、香港から帰国して中3で編入した長女の入学式の時写真を撮ってから、

もう9年。

長いような短いような、

なんとも言えない甘酸っぱい気持ちになりました。


 

 

 

 

image

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。