突然の宿替えに奔走!

英語資格~TOEIC・TOEFL・英検~であなたの未来を拓く
英語 Terakoyaです。

東京で共同生活中の息子二人。

元来、性格が正反対の彼ら。

絶対無理やで!!

と家族全員の予想。

だけど1か月弱だし、どうにかなるだろう、という思いはやはり甘かった・・・

狭いところにお互い窮屈だろうけど、まあ、弟の方がかなり、おそらくほぼ一方的に我慢をすることが予想されていました。

置いてもらっている身ではありますし。。。

なんどか

もう無理!

とのメールが来たのですが、今朝の電話は本当に限界のようでした。

たまたま朝、お友達に会って話していたところへその電話。

するとお友達から、東京なら外国人バックパッカーのための宿がたくさんあって、知り合いの娘さんも東京に行くときはいつもそこをりようしているけど、
とてもいい、ときいたよ、

との話。

そうか!その手があった

ウイークリーマンションぐらいしかあたまになくて、実はすでにいろいろ調べていたのですが、どこも15日以上、というとこが多く、諸経費が結構かかる


ちょうど今日から3連休というところで通しであいてるところはなく、さらに18歳以下はだめ、というところも多く、

難航しましたが、ついに見つけました!

浅草あたりに多いですね。

浅草なら渋谷まで30分ぐらいでいけますし。

さすがに昨日今日はみつからなく、ビジネスホテルを取ったので、明日にはまた移動です。

でも、そんなことも、ひとりで場所も確認していってしまう彼。

自分の高校生の時には考えられなかったことです。

こうやって自分で、一人で考えて行動できなければ、とても海外大学進学なんて無理でしょうからね。

親の私にしてやれることは、宿泊代金を振り込みに銀行に走ることぐらいですね

上海の地下鉄通学も、直通で行けるところにしたので、このサバイバル魂で頑張ってくれることと思います


(写真はイメージです)
これくらいのスーツケースを持ってあちこち都内を移動はたいへんでしょう。。。

残念なのは小田急の定期、払い戻しできないことでした



にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。