空は続いているんだ・・・

英語Terakoyaです。

昨日は久々の晴れ。

心地よい風を受けながら、学校へ向かう時に、突然、

「ああ、日本にいる長女長男も、それぞれの生活を送っているんだ。

それぞれ自分の足であるいるんだ。」

とふと思ったのです。

もちろん、みている空の景色は違うのですが、この空は日本にもちろん続いていて、その空の下

それぞれの毎日を生きている。

私たち親の元を離れて、海を越えて。。。。

なんだかそれがすごいことに思えてきて・・・

今自分が異国で暮らしているという意識がないのですが、でも確かに遠く離れている。

ちょっと前まで一緒にいた彼らが、今は遠いところでそれぞれ暮らしている。

いまさらながらすごく不思議な気持ちでした。

恐らく、大学も終わる、というので自分の中に、少しほかに目をやる余裕もでてきたのか、、、

そんなちょっとセンチメンタルな気分で家に帰ると、

「これ、学習発表会で弾くねん!」

「え、いつ?」

「9月!」
「????」

また気の早い話ですが、合唱で使われる曲は大概、メロディーが美しく、そして

聞いてるだけで涙が出てくるような曲なわけで

余計に、センチメンタルになってしまった、そんな金曜の午後でした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。