社蓄という言葉

英語Terakoyaです。

主人の読んでいるビジネス雑誌の興味ある記事を読んだりするのですが、

そこに

「社畜」

という言葉を発見。

まあ、漢字から予想はつきますが

「出世のためには深夜残業や休日出勤もいとわず、家庭を犠牲にして会社に滅私奉公する典型的な日本のサラリーマンを表現したことば」

ということです。

ひえ~っ!

そして世代の呼び名も興味深く。。。

団塊世代 1945~49年生まれ

すきま世代 1950~59年生まれ

ハナコ世代 1960~1964年生まれ

バブル入社組 1965~ 70年生まれ

団塊ジュニア世代 1971~74年生まれ

で、いろいろな検証がのっっているわけです

それを読んでいて、サラリーマンの世界は厳しいのねえ~、

と改めて思い、主人はどうなんだろう?と思い、思わず聞いてみました。

「子供もたくさんいるし、と思ってつらいの我慢して働いたりしてない?」

と聞くと

「そんなこと思ったことないよ」

という答えでほっとしました。

ますます責任も重くなってきているようなので、うまくストレスを解消しながらやっていってほしいと思います。

メンタルとフィジカル、両方の健康管理が大事ですからね。

でもまあ、子供たちからは

「お父さんのあのメンタルの強さほしいわあ~」

と言われているぐらいですからね。

ただ子供たちの言っている意味は違うと思うのですが

だって、父親の仕事する姿をみることはないですからね

 お知らせ
「転妻として子育てしながらも一人の女性としての生き方も求めているママの為のコミュニティー」をHPにしました。
よか
ったらののぞいてみてくださいね。⇒⇒こちらからどうぞ☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。