短い夏休みを有効活用

英語Terakoyaです。

学校見学のアポとりました✌

全部主人の実家から通えるとこばかり。

高校編入できるところもあれば、できないところもあり。

共学校もあれば女子校もあり。

寮があるところもあればないところもあり。

入試制度もいろいろ・・・

英検の級によって加算点が設定されているところも。

 

実は一般入試の免疫がほぼない我が家。

4人いても、いわゆる一般入試と呼ばれるものを受けたことがあるのは

長男の高校受験と、次男の中学受験だけ(;'∀')

*中学受験はダメでも公立行けるので、ちょっと違いますが

 

なのに、一番お勉強が得意でない次女に限って一般入試をうけることになりそうとは💦

*人間力においては一番バランスがとれているのですが(上の個性強烈な3人を見て育ったおかげで)

評定でアピールできない分、他でできることを準備しなければ💦💦

 

学校見学の何がいい、って?

やはり、子供が、ここいい!ここはあわない!と

肌で感じることができるし、具体的なイメージを持てるようになるので

その後の頑張りがちがってくるということ。

 

長女は小6の一時帰国で学校見学に行き、二つ見ましたが、好みがはっきり出ました。

そして、ここ行きたい!としっかり頑張って評定とり、危なげなく思う学校へ

 

次男は受験校は決めていたのですが、長女の留学中に、教科書を買わねばならず、長女の高校へ連れていったことがあります。

すると、

「え、なにここ?めちゃええやん。ここきたい!」

いえいえ、こんな学費の高いところ二人も来られたら困るから、今の希望校へちゃんと入って国公立に行って、

と話した覚えがありますが、現実は全く違う方向へ。。。

むしろ、ここきて、ここからアメリカの大学受けた方がいろんな意味でずいぶん楽だったでしょうが、アメリカの大学に行く、とその時にきめていればの話ですが小6でしたから、さすがにね💦

ということで、今回見学する学校のどこにloveするのか?(どこにもloveしなかったらどうしよう( ̄▽ ̄))

いずれも彼女の今の実力ではまだまだ厳しぃので、奮起してもらうべく、

夏の暑いさなか回ってきたいと思います。

 

そしてもう一つ

2学期の合唱大会の伴奏練習、12月の発表会の曲目練習など、ピアノの練習も、今までサボってばかりなのでやらねばなりません。

特に伴奏は自分だけでは終わら無いことですから。

「ばっちり、毎日練習できる環境あるから大丈夫よ!」

と私。

そうなんです、次男が奈良に居た3か月。先生の所までかなり遠くて、そこへ空き時間に練習に行くのは大変過ぎる、と、電子ピアノを彼のバイト代で買っておいてあるのです。

この前の帰国で見ましたが、とてもきれいで、これがその値段で?という代物。

そして岡山の実家には我が家のグランドがあります。

毎日練習してくださいよ!

 

短い夏休みですが、有効に活用したいと思います。

英検対策もがっつりできるといいのですが、なんせ、親子なので、教えるのはお互い感情入って、毎回うまくとは行かないのです( ̄▽ ̄)

 

上海のここのところ暑さ、ひどいです。

まだ少しはまし?な日本へ早く避難したいです。。。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。