本帰国の友人と話して話して気づけばもうこんな時間!?

英語Terakoyaです。

今月本帰国の友人と一日、本当に一日おしゃべりした日でした。

夕方遅く帰宅して塾に行く末っ子の晩ご飯をばたばたつくるのも、と思って晩ご飯も作って、ランチを一緒にする感じで。

ランチを食べ、場所をホノルルコーヒーに変えておしゃべり。

出会って半年ほどですが、ピンポイントな共通点があったり、一緒に居て気持ちいい方なので、本当に話が尽きず、気が付くと6時。

「7時半まで大丈夫」

と彼女。私も,末っ子は晩御飯食べて塾行くだろうし、主人は接待、次男も友達とでかけたから大丈夫、

ということで本当に7時半まで。

もっと早くにであっていたかったけど、子供の年齢も違うし、共通点はないのに知り会えたことに感謝。

 

香港の時代の友人たちとも、地元の関西で、東京に行けば東京で、と今でもあっているので、これが別れではないと確信しています。

「でもこれからは奈良に帰るのは減るのでは?」

といわれ、確かに、子供たちはそこにはいないのですが、岡山には帰るので

「じゃ、中間の姫路で!」

とまたピンポイントな

「またね」

と別れました。

忙しぃ日々の中、時間を作ってくれてありがとう

そして超長居をした私たちを笑顔で送り出してくれたホノルルコーヒーの店員さん、ありがとう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。