日本に怒る?バイトさがし難航。。。か

英語Terakoyaです。

日本での次男のバイトさがし。

北海道物産展は2週間ということで問題なくきまりました。

が、そのあとは残り2ヶ月ぐらいなんですよね、バイトできるの。

つまり短期。

一対一の塾などで教えれる、と思っていたのですが、なんと、

すでに大学に入学していないといけない

といわれたそうです。

「ホンマそういうところ、日本は融通きかんわ。入学きまってるっていってるのに」

と怒っていました。

一方、○○シネマに応募した時は

「本当は長期しか採用しないのだけど、君の電話での応対などに、非常に人間的な良さを感じたので、例外的に面接させてもらいます。」

と連絡をもらい、面接の結果採用になりました。

が、2ヶ月の勤務でも制服の靴を買わねばならない、とか交通費がすくない、とかで断ったようです。

というわけでなかなか思うように行かなかったようですが、

短期OK!というところに決まったようです。

偶然にも、長男がバイトしていた(今は就活でおやすみ)ところと同じ系列。

渡米までにバイト代を少しでもためて、今年の冬休みはアメリカで旅行する!といっていますが、どれだけたまるのか、

 

まあ、頑張ってほしいものです。

主人ったら、

「お金持ちの子が多いやろから、クリスマスの時期だし、ピアノ演奏させてもらうから、といって、とめてもろたらええやんか」

ととんでもない事言ってますが、それも一理あり?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。