新居の修理チェック

英語Terakoyaです。

下見の時に気になった個所は修理を依頼しておきました。

でも、その修理の出来上がり具合が非常に心配じゃないですか、特にこちらでは

それから追加でリクエストした家具などの設置とか。

一応、ピアノを置く場所をもう一度チェックしたいから、という理由を一番に持ってきて

結果、修理はできていました。

が、次女の部屋、ベットがダブル?というぐらい大きいのです。それを交換を頼んだのですがそれはできなくて・・・・

それゆえに、本棚や机を入れてしまうと、微妙にサイズ的にすべてがきっちり収まらず、

書斎で勉強しなさい、ということになりそうです。

とまあ、家具の配置の変更は必要となりそうです。

が、こちらの要望は全部聞き入れてくれたオーナーさん、

どこにお住まいなの?

ときくと、上海ではなく、地方に住んでいるので、すべてもろもろのことは代理人に任せている、とのこと。

さらに、

「そういえば、明日、うちを見学したい人がいる、といってたのはどうなったの?」

という話から今のオーナーの話へ。

ええ、ええ5000元もあげてきたオーナーですよ

不動産屋さんも、

「みんな値上げで古北の方の人も皆引っ越しですよ。でも高くてもせいぜい3000。5000というのは私の聞いた中でも一番高いです。

それが今頃になって、3000でもいいよ、といってるんですよ」

???ふざけるな~!

どんなオーナーかというのは大事ですよね

今の部屋は低層階で、窓から森林浴ができるのですが、今度はかなりの高層階。

もちろんグリーンなど見えません💦

そこで、また観葉植物大好きの性格がむくむく出てきて、早くも主人から釘をさされています。

奈良から引っ越すのに、たくさんの観葉植物を、生徒さんに、

「どれがいい?」

と選んでもらい

「私だと思って、これをみて、変わらず英語、頑張ってね!」なんて

引き取ってもらい、結構大変だったので。

管理人さんは

「残ったら全部こっちで引き受けますよ」

なんて嬉しい言葉もくれたりで、でも、すべてちゃんと引き取り手がありりました。

 

今度は大きいものを一つと、後は小さいのをちょこちょこかな

 

採光ばっちり、風通しもばっちりの新居での生活、楽しみです。

だけど、急な翻訳依頼で、昨日は作業できなかったので、今日は頑張ろぅ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。