教育の力を利用してもっと近く・・・・

英語Terakoyaです。

上海に来て、教育の力って大きいなあ、と思います。

日本の観光地に来て、日本人が顔をしかめてしまうような行動が何かと取り上げられるこちらの人たちですが。。。。

それはちがう、と、暮らすようになって思います。

日本では、学校でも、家庭でも、順番を守る、とか道を譲ってもらったら会釈する、とか公共の乗り物の中では静かにする、
など教えられます。

そしてそれが当たり前の社会です。

要はそのように教育されているということです。

では、本当に日本人がモラルが高いのか?というと、こちらにきて首をかしげることもあります。

日本では、公共の乗り物の中で、お年寄りや、体の不自由な人などが乗ってきたら、皆がすっと席をゆずりますか?

もちろんそういう人もいますが、気づかないふり、寝たふりをする人のほうが多いように思います。

でも、上海では、誰かがすっと席を譲ります。

先日もバスに3人一気にお年寄りが乗ってきました。

すると近くの3人の人がすぐに席を譲っていました。

そしてお年寄りや子供には本当に寛大です。

順番に並ぶ、とか降りる人を待ってから乗る、とかそういう規範がないから、しないだけなのです。
人間性とはなんら関係ありません。

だから、教育って、大切なんだなあ。ものすごい影響力を持っているんだ、

とつくづく思います。

先日こんな記事をネットで見て、なぜか涙が出てしまいました。

日本の小学生が、止まってくれた車に会釈をしながら道を渡る映像を見た中国人のコメントです。

「歴史的な問題もをのぞけば、心から日本人が好きだ」

と。

歴史的な問題をのぞけばーこれも教育の力ですよね?どう教育されているのか、ということ。

教育の大きな力を利用して、

同じ地球人、それも同じアジア人としてもっとお互いを認め合えるようになれたら

最高ですよね。

子供たちの時代には、韓国を含めて、もっともっと近い近い国になってほしいなあ、

と、おもいました。

香港、そして上海で生活して、それをよく強く願います。

私は、香港も、そしてまだ4か月しか住んでいませんが、上海も大好きですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。