放心状態、どうしてくれよう。。。

英語Terakoyaです。

次男を日本へ送り出し、彼の出願に関しては、あと、来月financial aidの入力をするぐらい。

SAT、TOEFLは本人が受験するので別として
common application以外で

そろえたものは以下です
1.学校の評定
2.担任の推薦状
3.教科担任の推薦状ー2通いるところも
4.音楽関係のscholarshipに出す時は
音楽関係の方の推薦状-2通いるところも

さらにはmusic registration formのようなものをあらたに提出しなければならない

5.interviewの映像(interviewを受けにいったものを各大学に送ってもらう)
6.ピアノ録音ースタジオ録音
なかにはDVDでなくてはいけない、というころもあり、当日、映像撮影は手配できなかったので、その場で自分でビデオを回しました

なのでそれを撮影したSDカード

自分をアピールできるものならなんでもおくっていいよ、という大学もあるので、ついでに

7.ドイツにピアノ短期留学の時にあちらの音楽学校の生徒たちとシティーホールで共演したビデオ
(ここだけ切り取って編集は私にはできないので、エージェントのIT部門がやってくださいました)

8.銀行の残高証明書ーこれほ本人が窓口に行かないと発行してもらえず、たまたま12月帰ったのでよかったです。

9.給与証明書

 

10.その他financial aid の膨大な項目をうめるのに、不動産があればその市場価格なども必要でした。

 

一年の収支とその内容の洗い出し、

 

うちのように子供が四人いれば、それぞれの教育費と、生活費という具合にめちゃ細かい

 

これだけそろえるのは、短期間でできないので夏以降かけてやってきた感じです。

なので、あとは、追加エッセイが必要な学校のエッセイを仕上げて、これらをそろえて出すだけ!

半端ない放心状態です。。。

本当に大変でしたらから。。

東京に行く前日、

「これで大学出願終わったら、次は○○(長男)の就活やわ」

というと、すかさず次男に

「お母さん、関係ないから」

といわれまいした

気分を切り替えないといけないのですが、この先、どこに向かって何をしていったらいいのか、

みたいな感じです

12月4日に中国語マンツーマン授業最終回受けて以来本当、なんもやってないのでそろそろ再開しなければいけないのですが、

どんな形でやっていこうか、と思案中。

とにかく、まずは大掃除をして、おせちを作って、それと同時に、1月、10日ほど日本に行くので、その間のお弁当のおかずを作って冷凍するところから始めたいと思います。

放心状態、どうしてくれよう。。。” に対して1件のコメントがあります。

  1. リサ ~ニート城を買う~ より:

    1. ニートな女子です。
    いろいろ見ていたら、こちらのブログに辿り着きました。ブログ拝見しました。どこにでもある日常ですが、それが私の心にしみました。今日巡り会えたことに感謝です。よければ、私のブログも遊びに来て下さい。
    http://ameblo.jp/302828944/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。