悪夢再びか!?四時間遅れのアナウンス?

英語Terakoyaです。

今回は初めて飛行機三時間半遅れの目にあったわたしですが、

 

関空からは無事に飛べるわ、と、搭乗手続きを終わらせると

 

四時間遅れ

 

のアナウンスが

(^^;;

 

一瞬ひやりとしましたが

 

春秋航空が四時間遅れでした。

そのうち、春秋航空も使ってみようか

 

と思っていたのですが、2度と考えないことにします(T ^ T)

その後、すいすいいったのに

ーボーディングタイムは変わってないけど、まだ飛行機がついてないー

と、搭乗ぐちの案内のお姉さんが言っている!

しかも、英語と中国語で応対している、すご〜い❣

 

そっち?!

なんて書いてるうちに飛行機はついたようで

しつこく入れ替わりたちかわりやってくる搭乗者に

清掃後に

 

と説明しているので、飛行機はついたようです。

ボーディングタイムを5分過ぎただけなのに、なんでそんなに聞きに行くのか。

はあー、また、その世界に戻ります( ̄▽ ̄)

うん、この人、中国語の方が得意ね、アナウンスを聞くと(^_−)−☆

 

しかし、遅れるにしても、なんの説明もなくひたすら待たされた浦東とは違い、

ちゃんと今飛行機がつき、ご案内するのが少しおくれるみとおしです。申し訳ありません

的なアナウンスをちゃんとしてくれる日本。

 

やはり、日本は快適すぎます😂

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。