息子VS主人、はなしになりません、息子圧勝です!

英語Terakoyaです。

余りの高熱と体に痛みで再受診。インフル

(早くいきすぎると反応が出ないことが多いんですよね)

次男がお弁当も含め家の事をやってくれました。

「何食べれそう?」ときいては、作ってくれる

「水まだある?」(ベッドサイドに置いてある)

「会所いくけど、なにかほしいものある?」

「ピアノ弾いてもいい?」→いいにきまってる!下手なピアノは頭に響いて痛いけど今のうちにいっぱいきいておきたい

もう一つ一つの言葉がほんとうにうれしくて…優しい子だけど、ここまで優しかったのか!?

そしてきわめつけはこれ

ひろのケーキ「今日めっちゃ暇やったからパウンドケーキ、バナナ入れて焼いたけど食べる?」

バナナが入っているのでしっとりしていて病人には食べやすく、いつもお砂糖は少なめくらいがちょうどいいから、と教えていたのですが、バナナの甘みを考えて調整したのか、本当に優しい甘さ

涙でそう

それなのにですよ、主人と来たら!

朝、のみにいくかも、みたいなことを漂わせるので、

「奥さんがこんなにしんどい時にのみにいくなんてありえない!」

というと「かえってくるよ」

 

といっていたのに、彼はのみにいきましたね、それも軽くではなく、いつも通りのコースで

悪いけど、しばらくこのことねに持たせていただきます。

いつも「感謝している」「ママのおかげや」といっていることもかすんでしまうこの行動

息子VS主人、この対決あほらしくて勝負になりませんが

当然息子の圧勝!

(この父の息子とは思えません。。。)

でも、そんなコト言っても、息子はあと1か月でここを離れ、おそらくこの先は日本へはずっともどってこないかもしれない、

結局ずっといっしょにいるのは主人なのですよね。。。

 

ランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです🎶

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。