心配です.....

英語Terakoyaです。

東京で出願真っ只中の次男からメール。

「あのいつもの

急にくしゃみ連発、鼻水じゅるじゅる、そして発熱の症状がまた出た、

今日は寝とく」

よりにもよって私が上海に戻って家に着いたらメール。

1・15締め切りの大学が一番多かったので、おそらくここ1週間が一番山だったと思います。

でも、12日の段階で出願準備は出来ていたようで良かったです。

気疲れしたのもあるでしょう。

その後、メール送っても返事なし。
(ゲストハウスなので、部屋でも電話できないので)

11時ぐらいまで爆睡してたようです。

大学出願用の彼のメールは見れるようにしているのですが、

 

大学からきているメールが未読のまま叫び(爆睡中)

 

アプリケーションを受け取ったからあなたのportal siteのusernameとPWを送るので

 

そこから曲を15日までにアップロードして下さい、

 

という大事なものではないかアップ
 
 
なので、起きたらすぐ対処する旨のメールを送っておきました。
 
(この記事は13日に書いているので間に合います。それに時差もあるので大丈夫)

本当面倒なのが、

 

とりあえずアプリケーションを出したら、そこから自分のアカウントが与えられて

 

さらに大学側が必要とするものをそこへアップロードしていく、

 

というところも多く、アプリケーションを出しても終わりでないというあせる
 
 
ただ、
 
 
日本なら書類に不備があると、それでアウト
 
 
みたいな非情感漂いますが
 
 
アメリカは提出する書類も多いし、
 
TOEFLやSATはテスト機関に依頼して送ってもらうのですが(TOEICなどと同じ)
 
 
頼んだのに着いてない、なんていうのもよくあるらしく
 
(11月のSATの結果、その2週間後に普通は見れるのが、
 
うちは一ヶ月半後に、12月の結果と一緒にでしたしねプンプン)

 

大学側もそういう諸事情を理解していて、アプリケーションさえだしていれば

 

わりと柔軟に対応してくれる、

 

とのことなので少し気が楽です。

 

まだあと少し、出願校が残っているのと、ラストもう一回TOEFLを受けるので

あと10か、もう本当に本当に最後だから、頑張れ~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。